読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shimo/log

2次や1次の創作もの、無作為にレポや感想を書き散らしたりします。KAMIJOさんがすきです。

KAMIJOの”ボンジュール!ヴァンパイア”第1回〜第2回 メモ

今年から始まりました我らがKAMIJO氏の冠ラジオ番組『KAMIJOの ボンジュール ヴァンパイア』

毎週火曜日 FM FUJIにて19:30〜より絶賛放送中!はい!毎週聴いていまーーす!元気です!
 
オタク根性を全力で注げば一字一句を書き起こすなんて朝飯前なんですが
ていうか半分やりかけたんですが
何故か原稿が消えまして
めげてしまったので、、
 
とりあえず第1回と第2回のダイジェストメモを書き起こしてみました〜
 
 
 
▼全回共通OP
 
『その起源は古代ギリシャまで遡り、東欧や地中海を中心に世界中に伝播した民間現象“ヴァンパイア” 高貴で耽明なその姿をマントに包み、時に蝙蝠に姿を変え、夜の訪問者   その手に落ちた者はヴァンパイアの虜となり、第二のヴァンパイアとなる。そんなヴァンパイア伝説が現代に復活。ここ、FM FUJIで幕を開ける。』
 
▼全回共通OPセリフ(微妙に略したりもする)
 
Bonjour!KAMIJOです。〜〜この番組は、ミュージシャンや俳優など、様々なジャンルで活躍する現代のヴァンパイアをご紹介いたします。僕KAMIJOはそんなヴァンパイアをナビゲートするヴァンパイアナビゲーター。音楽や美術・舞台といった垣根は存在しない。求められしはそのメッセージであり世界観。薔薇とヴァンパイアを愛する、耽美主義者の為の快楽番組。KAMIJOの ボンジュール ヴァンパイア、スタートです。』
 

■1月5日放送  第1回【ゲスト:高見沢俊彦さん(THE ALFEE)】
※未録音につき覚え書きメモ
 
・記念すべき第一回
・『ヴァンパイア伝説がFM FUJIで復活』という体で、様々なジャンルで活躍する現代のヴァンパイアを紹介
・KAMIJOは「ヴァンパイアナビゲーター」という立ち位置        
・「KAMIJOとは何者なのか」とういうところからスタート(笑)LAREINE、NEW SODMY、Versaillesというバンド活動を経て「不死鳥のようにソロとして復活」、パリからソロでの活動を開始、2015年は20周年ということでツアーをやり、本体であるVersaillesも活動再開。というようなお話。
 
<<♪Royal Blood>> ←フルで!
 
・音楽、美術、舞台といった垣根を取っ払うことが目的。「世界観」で区切ってみてはどうか?
ここでいうヴァンパイアとは薔薇を愛する耽美時主義者「薔薇が似合う人」
 
・高見沢さん登場(コメントゲストでした)
・ボソッと「ヴァンパイアがボンジュールって言うかな?ボンソワールじゃねぇかな、笑」
アルフィーの宣伝。New Album「三位一体」
K「KAMIJOくんのよく知ってる人と会ってるんだよ など気さくなかんじで連絡をくれる」
Versaillesのライブにすごい数の薔薇を送ってくれたり、とても薔薇を愛している方
・「高見沢さんこそ現代のヴァンパイアではないでしょうか」
 
<<♪無情の愛 /THE ALFEE>>  「三位一体」より
        
K「アルフィーさん最高です。切なすぎますねぇ」
K「2015年、すごく忙しくなりそうです。」
今後のスケジュールをお知らせ。Japan Tour 2016 "Aestheticism" Omen
 
・メッセージをお待ちしております的ひとこと。
K「皆さんの日常にお邪魔させて下さい」
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
KAMIJO氏は喋ってもエエ声やなーー!
ヴァンパイアナビゲーターという立ち位置がなんとも言えないですねw 本人も自称ヴァンパイアで、更にヴァンパイアを紹介するという。
しかもヴァンパイアの定義が『薔薇が似合う人』。かなりオリジナリティーぶっ混んできましたね!
今回は第1回ということで、超大まかに言うと”自己紹介的な回”。次回からが本チャンって感じでした。
 
 

■1月12日放送 第2回 【コメントゲスト:MISIAさん】
 
・いつものOP&セリフ
 
<<♪蝶の花(リバイバルver.) /KAMIJO >> ←フルで!
 
・番組コンセプトのおさらい。
 
▼コメントゲスト MISIAさん
「KAMIJOさんは薔薇をこよなく愛する方ということなんですけども、私は同じバラ科でも、桜も好きですし、あとヒマワリも大好きなんです。あとはラナンキュラスという小振りな小さい花が凄く好きで、お花屋さんで見かけると買っていこう!と思ってしまいます」
MISIAさんのお知らせ。New Album『LOVE BEBOP』発売 ほか
 
K「ラナンキュラスというお花、知らなかったので調べてみたら、僕の大好きなダマスクローズにそっくりでビックリしました。」
 
<<♪ Butterfly Butterfly /MISIA>> 『LOVE BEBOP』より
 
・改めて”KAMIJO”についての話。
1994年にLAREINEとしてバンド活動開始(中略)、その10年後、Versaillesとして活動開始。
Versaillesはご存知の通りフランスのベルサイユ宮殿が名前の由来。そしてLAREINEはフランス語で”女王”という意味。フランスの女王と言えば「マリー・アントワネット」。
「フランス尽くめなKAMIJOなわけです。笑」
 
K「皆さん知っていますか?薔薇は最初、無色透明でした。でも、薔薇は美しくなりたかったんです。ですからその鋭い棘から人々の血を吸って、真っ赤なドレスを纏ったんです。」
K「・・・・どうしますか?これが本当の話だったら。まだ”嘘の話”だとは誰も証明できませんよね。世の中何が起こるかわかりません。そんな奇跡が先日12月28日に起こりました。」
 
・グランドフィナーレの話
K「昔のバンドメンバーも、つい最近まで一緒にやっていたメンバーもみんなが同じステージに立つというね。わかりやすく言うと、小学校の頃の友達と会社の同僚が何故か一緒にいるかのような、夢の中のような空間を作ることができました。」
 
「信じられないような再会を願って…」
<<♪LILLIE CHARLOTTE /LAREINE>>
 
 
・KAMIJOの今後のスケジュールのお知らせ。ツアーの話とか。
・メールをお待ちしています、という話。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
MISIAさん、喋り声がすっごく綺麗でした〜!歌声は力強くてカッコイイのに、喋るととても可憐。
薔薇は最初無色透明だったのくだり、KAMIJO氏っぽい!ww
(無色透明…透明?!)
 
・・・実を言うと私が本当に書きたいのは第3回なんだ!
気力が続けば全回書きたいです…(`ω´)
 
 
 
 
 
 
 
 

D主催『Mad Tea Party vol.31』(のKAMIJO部分)感想と、ただの雑談

 
我らがKAMIJO氏も出演する、
D主催「Mad Tea Party vol.3」参戦してきました〜!
激務の一週間、からの土曜出勤、からのMTPということで個人的にはクソみたいなコンディションだったので全然レポでは無い、ただの感想ですw 
大変申し訳ない話、他バンドさんの知識が(オペラ以外)全然無い状態で参加させていただきました。本当はね、、、ちゃんと調べて音源聴いたりせめてメンバーの名前くらいわかってから行きたかったのですけどね、、、
 
はい。今度後追いで調べます(↑ω↑)
 
 
さて早速ですが本日の出演順と、
 
(O.A)BLESSCODE
1. アルルカン
2. GOTCHAROCKA
3. KAMJO
4. 摩天楼オペラ
5. D
 
 KAMIJO先生のセトリ。
 
1 . Louis ~艶血のラヴィアンローズ
—MC—
2 . 抱きしめられながら
3 . Symphony of The Vampire 第五楽章 「Sonata」
—MC—
4 . Moulin Rouge
5 . 薔薇は美しく散る
 
 
お衣装はRoyal Bloodの衿ヒラヒラなしのやつ。最近衿ヒラヒラ無いのが定番化してきたようで嬉しい限り。首筋美しい!!
あと今回髪の毛があんまりクルクルじゃなかったです!すってき〜〜

f:id:frostxmoon:20160122232452j:plain

 
 
 
01■Louis
ほ〜〜わかりやすいところからきたなー。
今までのバンドさんがゴリゴリのV系な感じだったので、突然耽美ワールドに引き戻される感じで個人的には大変爽快w これこれw って感じでした
なんか、どこだったかいまいちなんですけど、歌詞飛ばしてた気がするのよねー。どこだったかなー、初サビの「艶やかに君を彩りたい」だったかな…そこで??って感じのところだったんですよね。まぁいいや。

次のMC。
ボンジュールまつり└(゚∀゚└)(┘゚∀゚)┘今宵もヤラシクお願いしますって言ってたかな。
ここ新宿をパリだと思ってどうのこうの。

02■抱きしめられながら
うおーーー!ここでかよ!MadなTea Partyだぜぇ?!うおおおいヤケドするぜえ…
んんっ、失礼。
突然のクサクサメロディック謡曲が来たので温度差で昇天しそうになりました。
 
 
03■Sonata
『……ここで?!』第2弾!!MadなTea Partyにあえて聴かせ曲を持ってくるあたりフフンって感じ。シンフォニーから突然5楽章だけってなんだかもったいない!全楽章聴きたい!対バンだし、きっとまだ一度も聴いたことない人もいるはずなのです。
 
 
次のMC。要約。
K『生きていると、今まで知らなかった楽しいことがたくさんあるなぁと感じます。
この間、安倍総理昭恵夫人と、タレントのはるな愛さんと一緒に、AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』を初めて踊りました。
下手くそだったんだけれど、凄く楽しかったんですよ。
だからね、今日はそれを僕の曲にも取り入れてみようかと思います!』
 
04■Moulin Rouge
ムーーラン!!なんかやっとMadなTea Partyってカンジ!(←?)
やたら楽しそうで私もついホッコリ。
かの有名なAKBのあの「おにぎり握ってます」風の振り付けを巧みに取り込んでました。そしてすっごい満面の笑顔。かわいい。。
twitterにも書きましたが、メク君ソロの時、背後でローズライトをくるくる回しながらメク君に絡むKAMIJO氏が可愛かった。そしてその後薔薇の部分をメク君の口元にチュッてやってたのが可愛すぎた!メク君は相変わらず超coooool。
ダイシ君は投げキッスくれてた気がする。イケメン!
 
05■薔薇は美しく散る
なるへそ!12/28で一旦バンド時代の曲は終わりだけれど、リバイバルしたやつはまだやってくれるのね!(ということを今更理解したわたし)
 
幕閉じの時にEmblemが流れてました。END SEが流れたのはKAMIJO先生だけでした。ちなみにこの時英語でツアーの宣伝ぽいナレーションがあった気が。“5/30””赤坂BLIZ”しか聞き取れなかった(笑)
 
 
KAMIJOのターンは以上!
 
凄く率直な事を言っちゃうと、
『もっとあったっしょ!!盛り上がる曲!!』というのが素直な感想っすかね。
BastilleとかDyingとか!デスパレとかHEELもMadなTea Partyぽいし。今回はD主催のイベントにお邪魔している形だからあえて大人しい曲を選んだのかしら。よくわからないけど今回の選曲は個人的には『??』でしたね〜  わかりやすい盛り上がり曲を他盤ファンの方にも聴いて頂きたかったな〜
まぁ私はKAMIJO先生を観られるだけで嬉しいのでいいんですけどね!
 
 
あと今回『他バンドメンバーさんから名前が挙げられる率』が高かった。つっても2回ですけど
まずGOTCHAROCKAの樹威さんから
『楽屋でもKAMIJOさんにお会いしまして、ワインが似合う晩餐会が繰り広げられていました。まぁ実際には中華丼なんですけど。笑』
 
そして摩天楼オペラの苑さんから
(ステージ上が物凄く暑いらしく、)さっきKAMIJOさんがステージから戻ってくる時に『史上最高に暑いよ』って言ってましたw』
 
というようなお話がありました。
なんかも〜他バンの方から名前挙げられるだけでも超ウレシイな〜。
 
他は、DのASAGIさんが『アルルカンの暁くんは礼儀正しい良い子』的なことと『オペラの苑くんの今日の衣装は天使をイメージしてるらしいよ、みんな知ってた?』みたいな事を仰ってました。
 
そう、それでですね。
摩天楼オペラは、Symphony〜でAnzi君がギターをやっていたり、サポートベースで燿さんが来たりしていたのでずっと気になっていたバンドさんだったんですよ。ていうかもっと前から気になってたんだけどもなかなか一歩踏み出せずにいたんですよね〜
なので今回の対バンで観ることが出来てとても良かったなぁ〜という話!
苑さん歌うますぎだし(THE カラオケバトル見ました??私あれで魂のルフラン大好きになったわよ)
あとトークもうまい。なんか観客の心を掴むのがうまいし面白い。好き!
彩雨さんは本当に可愛くてびっくりしました。燿さんはとにかくイケメン、鼻筋最高。Anzi君は位置的にあまり見えなくて残念だったのですが、ハンサムでした〜超タイプ!悠さんはほとんど見えず残念;;ドラムが結構後ろの方で(ていうか私も後ろの方で、笑)全バンドドラムの方がほとんど見えませんでした(T . T)
 
 あとほんとヴィジュアルの話で申し訳ないんですけど、
BLESSCODEの紫暮さんとアルルカンの翔平さんがめちゃめちゃタイプでした(〃▽〃)
あ、そういや時雨さんも「しぐれ」さんだね…時雨さんもメチャメチャ好きなタイプです大好き
 
そしてラストのD様!!やっぱすごいですね〜観客の盛り上がり方がものすごい。主催だからそりゃそうなんですけども…
この日初めてちゃんと見たんですが、ASAGIさん本当好き。もう、ヴィジュアルも衣装も声も歌い方も喋り方も好き。困ったな〜〜!好きになっちゃうな〜〜!って感じ!
楽曲もライブ映えするし楽しいし。なんか旗振るやつありましたよね。あと左右モッシュASAGIさんが観客を操るような感じが凄くよい!カリスマ性を感じる。これちゃんと音源聴いてからライブ行ったら超楽しいだろうな〜〜と思いました!
 
で、家帰ってから色々調べたんですけど、もう、普通に大好き;;;って感じで大変。
とくに「赤き羊による晩餐会」が何もかもドストライクで困った!ASAGIさんのヘアメイクが好きすぎる………赤リップにデビルちゃんにコルセット風とか死ぬほど好き………
もうね、PVイントロの唇の時点でズキューーーンきましたね。好き。
 

www.youtube.com

こんな見た目なのに声は太くて男らしくて、それでいて裏声とか超綺麗でもうなんなんだろう。好きでしかない。

 

素敵なバンドさんを知れただけでも今回は大収穫!
立ちっぱなしでかなりコンディション的には最悪でしたが行って良かったです〜〜

4月開催の『Mad Tea Party vol.34』にもKAMIJO氏が出演するらしいですが…平日なうえにスタートが早いので、見送りになりそうです…。
ひとまず、次は3/5のFC限定町田に参加する予定です(^ ^)


今年に入ってからKAMIJO氏はラジオも始まり、TVへの露出も増え、なんだか絶好調ですねぇ。
ラジオの方はLISMO WAVEに加入いたしまして無事聴けております!スカパーの方は諦めました…笑
ラジオ第4回〜6回までのゲストも発表されていましたね!豪華すぎてほんと鼻血出るわ。ASAGIさん好き好き病にかかった途端、スタジオゲストで登場だもの!しかもShinyaさんと!!死んでしまうわ。
第4回コメントゲストは苑くんと彩雨さんだし………すばらしい……。

ライブにラジオ、そしてVersaillesの再始動、楽しみなことが増えるのは嬉しい限りです!

個人的にはラジオ第3回がかなり神回だったのでその話もまた改めてしたいところですな。ふふん。

 

ではまた。

 

新年なので宣伝してるだけ

 

あけましておめでとうございます!

2016年も引き続きあんな感じとこんな感じでやって参りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

2015年に「はてなブログ」に移行して、よくよく思い出してみたらこれで6つ目のブログなのですが、時代と共に便利になっているのだなぁ!と感じました。HTMLで色々イジイジしなくても直感的に記事が書ける・しかも動作もさほど重くないというのが私的には驚きですわあ
ブログ全盛期を生きてきたオタク人間にとっては、どれだけTwitterなどのお手軽SNSが増えたとしても、埒のあかない長文を吐きだす場所って必要なんですよねー
そんなことを最近とっても実感しています!私の場合長文すぎてアレなんですけど。ライブレポとか、ライブレポとか、ライブレポとか。。文章書くの、上手くはないけど楽しいので。。
今年は楽曲レビューなんかも出来たらいいなぁと思います。

 

ちなみに現在、Twitterアカウントは2つ動かしております。
名前変えていますが同一人物です。
こっちがメイン垢、どうでもいい日常ツイとか、オタク発言などしております

twitter.com

 

で、こちらがV系(ほぼKAMIJO関係…笑)のアカウントでーす

twitter.com

 


ちなみにサイトもある…。ほぼ動かせてないけど…。

http://id7.fm-p.jp/data/36/1109mayo/pri/57.jpg F*Jam-index

↓写真・創作イラストなど

f:id:frostxmoon:20160103235749j:plain Jam-mix

 

新年なので紹介してみました。 

 

 

最近自分でも忘れかけていたんですけど、二次元の方!
忍たま、進撃、ペダル、ときてまさかの「おそ松さん」に激ハマりしている今日この頃ですが、あの吸引力は一体何なんでしょう?!こわいな~沼こわいな~
一松推しカラ松girlをこじらせております。カラ松かわいいよ。
あとペダル3期を待ち望んでおります。

あとそういえば昨年「イラスト本2冊目を出したい」とか言ってたんですけど、結局イベントに一般参加することすらままならなかったので、Web版とかにしてチラホラと出していけたらな~と思っています。あと普通に一般参加はしたい!やっぱりイベント行くと元気が出る…w

コンセプト撮影の方は地味~に進めています。この間着物を大量に購入しました(笑)いつどのように実行に移せるかは未定ですが、モデルさんも決まっているので、あとは私が頑張るのみ。頑張れ~


それでは、2016年もよろしくお願いいたします!

 

 

12/28 KAMIJO 20th ANNIVERSARY GFレポ!

ついに

ついに、、この日が来てしまいました

世界で一番楽しみにしていたと言っても過言ではない、そう

 

KAMIJO 20th ANNIVERSARY グランドフィナーレ

Zepp Diver City TOKYO

に行ってまいりました〜〜

はぁ〜〜つらい。つらいよ。あんなに楽しみにしていたのにあっという間に終わってしまった〜〜。素晴らしかった。なんで楽しい時間ってあんなにあっという間に過ぎてしまうんでしょうかね。

最初に言っておきますが、たぶん今回のライブは映像化されると思いますので
私ごときがいちいちレポなんぞ書かなくてもいいかもしれませんが
ネタバレOKな方のみお付き合いください。あとで映像見て間違い探しとかしないでネ!!


15時から先行物販開始とのことで、いつも遅刻気味の私としては珍しく気合を入れて15時からお台場に向かいました。
なんたってグランドフィナーレ、物販ラインナップの気合の入りっぷりが尋常じゃないわけです。くわしくはこちらをご覧あれ。

chateau-agency.com


ざっと見積もった結果、諭吉が1.5人は必要…
(最終的には2人持ってかれましたけどね!は〜ん)

無事お目当ても手に入れ、腹ごしらえも済ませ、MさまとKAMIJOトークで胸をいっぱいにしつつ、いざ参らん!戦場へ!


そうそう。今回はFC会員限定の「すぺしゃるしーと」なる特別チケットがありまして。
なんと諭吉が1.3人必要な、お値段的にもプレミア〜ンなチケットですね。
どういったものかというと、「会場前方の席」を確保できるという点がひとつ、そして「スペシャルシート特典」という特別なグッズがついてくるというヤツです。
最後にちょっとだけ写真載せるからそこまで飛ばすといいよ。

私はまんまと”非売品グッズ”に目が眩んで諭吉を1.3人捧げたのですが
結果的にはとても良かった!
なぜなら、指定座席が、、、


こんな良席だったのさぁ!!(前から6列目、花道真横!!)

f:id:frostxmoon:20151230164928j:plain

 

ここでひとつ解説。
ステージ中央に階段がありまして、そのサイドにドラムが2セット。
下手側はシングルバスのちょい地味なセット。
上手側はなんかめっちゃ見覚えのある薔薇が巻き付きまくったツーバスのセット。
で、なんかその手前らへんにシルバーの聖杯。と、ちょいちょい神が操作してる”あいぱっど”的な何か。
奥には大きめのスクリーン、そして”すぺしゃるしーと”をぶった切る花道。
てな具合でした。

ここ最近小さめのハコに慣れていたので、なんだかそわそわしちゃう。
天井高いし、座席あるし、スクリーンあるし、なんかドラムセット2つもあるし、
カメラ入ってるし。カメラ入ってるし!!カメラ入ってるよ!!
予想はしていたけど嬉しい。

お時間15分ほど押して19:15くらいに開演。
セットリストはこんなかんじ。
先に知りたい方はクリックしてね( ^ω^ )/


<SE>Vive le Roi!びっくりするほどあっさりとメンバー出てきた。
あっさりしすぎててKAMIJOの登場をうっかり見落とすところだったことは秘密。

Gu.Meku
Gu.DAISHI
Ba.時雨
Dr.MAOKI (←ちなみにドラム1の方)

皆さんいつもの衣装で登場。
神はsymphony〜〜の衣装の、襟ヒラヒラ無しバージョンでした。

そのままの流れで〜〜Presto!本日はSymphony Of The Vampireルート決定。
スクリーンにはPVが流れる。実物と当時のPV、衣装の違いも多少あると思うけれどやっぱり今の方が痩せてて本当にかっこいい。本当に美しかった。

ただ、なんとなくスペシャルシートの方々、ちょい大人しめだったのかな、あんまりいつもみたいにガンガンなノリの人が少なめな印象でしたねぇ。

Sacrifice Of Allegro。そしてRoyal Tercet。この辺まではいつも通り。

次いつも通りの流れならLouisに行くところ、そのまま第四楽章Dying-Tableへ。
ここなんの境もなくそのままツッコんだの私的には初めてだったのでオッ!っと思いました。そっかこんな流れだったなぁ!(おい)
この曲はやっぱ盛り上がりましたね!
第一次『背筋僧帽筋死亡曲』。私もたぶんここで腰と首が逝った。
ていうかそう、座席があるとそれが手すり代わりになっていつもより思いっきり折り畳みとか逆ダイ出来ちゃうんだもん〜!いっけね!

関係ないけど確かこの曲でKAMIJOサマがMeku君にねっとりと絡みついてましたw

そしてSonata満月のアダージョThroneまで突っ走り。
いつも以上に歌詞に入り込んでる感じがしたなぁ。表情とか、体の動きとか。苦しそうな表情大好き…笑
Sonata PVのギターソロ後の「赤くとけるような血の 代わりには出来ない」の ”出来ない” の言い方がすごく好きなので、PVと一緒に生で聴けて良かったです。
ちなみにギターソロ、Meku君アレンジになってた気がした。
もはや前半ほとんど覚えてないんだよ…

Throneまで終わったと思ったら、小走りで神が退場。ちょっと遅れて他メンバーも捌ける。

ここで映像が流れまして、一区切りであることが伺える。
内容は確か『闇夜に佇む女神、彼女はフランスからアメリカ合衆国へ送られたものである』的な、自由の女神に関するトリビア(※実際はもっと格好いい映像です)と、罪人がどーのこーのな内容

か〜〜ら〜〜の!!

Phantom!!
NEW SODMYのターン!!そしてメンバーチェンジ!

Gu.AYA
Ba.You

なんだろう、すっごいカッコイイんだけど!!シンフォニックメタルとは違うかっこよさ。「モード・ロック」と称していたのがちょっとわかった。KAMIJOの音楽史においてNEW SODMYだけがフランスではなくニューヨークが舞台なのかしら。

黒基調のシンプルな衣装で二人ともすんごいお洒落。AYAさんはハットも着用。
NEW SODMYの情報って実は検索してもあまりヒットしないので、しっかり見たのは初めてでした。

そしてKAMIJOも衣装チェンジで再登場!(着替えるためにさっき小走りだったのか!)

f:id:frostxmoon:20151230164929j:plain

 黒のバスローブみたいな形の
コートのようなガウンのような。
いつもの肩が張ったジャケットじゃないので、ものっっすごく細身に見えました、、笑

煌びやかな伯爵オーラとは違い、
オラオラ系のちょっとワルそうな歩き方が印象的でした。かっこいいぞかみじょう!
当時の音源も一応知っているけど、コーラスで「Phantom!Phantom!」って言ってるってことをこの日初めて知りました。笑

NEW SODMY 2曲目、Audrey
ちゃんと聴いたのは久々だ!結構好きです。
この曲に関しては断然今の方が好き!素晴らしきヴァンパイア・ボイス。

お次はCat Walk
私の中のNEW SODMYのイメージはこの曲!
お神お得意のクネクネ・ウォーキングも炸裂!
音源ではジャミジャミ言ってるだけだと思ってたところ、普通に歌詞があってびっくりした。メチャメチャ早口でちゃんと歌ってた!
(イメージとしてはBASTILLEの『それは18世紀 革命の舞台の要塞』の部分みたいな。笑)

 

 

ここでNEW SODMYのターンが終了。Actorとかやるかなと思ったのですが意外にも3曲で終わってしまいました。あっという間だー!

再びSE&映像。
今回のライブにおいてはSEが時代の区切りになっている模様。映像も凝っていてとても良かった。KAMIJO先生、SEも素敵ですもんね。ちょいちょいEmblemとか聞いたことあるやつも混ざってました。
確かここの映像は『革命の舞台となったバスティーユ監獄、しかしまだバスティーユ監獄は存在している!』みたいなやつでした。

もちろんお次はBASTILLE!おや!おやおや!メンバーも先ほどと同じ、

Gu.Meku
Gu.DAISHI
Ba.時雨
Dr.MAOKI

ちなみにKAMIJO、またも衣装替え!本日3着目、ここからはHEARTの衣装でした。
ソドミーの流れでラッレ〜〜ヌくるかと思っていたので、この辺りでまったく流れが読めなくなって参りました。笑

こちら第二次『背筋僧帽筋死亡曲』と名高い名曲(?)、全力折り畳み&逆ダイのしすぎですでに首がヤヴァイ感じに。


続いてMC。
ほとんどうろ覚えですがこんなようなことを言ってたかな?
(個人的意味不明度No.1!!映像化される(であろう)ライブでこんな意味不明の話をしたのは初めてじゃないか?)


<KAMIJOが気づいちゃった”可能性の話”>

K「僕KAMIJO、おかげさまで、世界中の”老若男女”に愛していただいております。」

 (↑意外と言えてた)
K「そんなことをね、考えていたら、気付いちゃいました。男性諸君、よく聞いて?よく聞いて?
君達が、山の中の温泉に行ったとする。そこにはこのステージのスモークのような湯気が立ち込めているんだ。そしてその湯気がサーーッと晴れた時、そこには、そう、まさかの・・・まっ裸のKAMIJO!」

圧巻の意味不明具合。さすがとしか……(大好き)

客「わかんなーーい!!」

K「わからない?わからないか…君達は僕と”裸の付き合い”をする可能性を秘めているということだ!」

wwwwwwwww

K「まぁいいや、この話の続きは置いといて、今度一緒に、お風呂入ろうか!」

wwwwwwwwwww
女性客のキャーーの方が大きかった。笑
ヤベェよ…意味不明だよう…大好きだよう……
本人もこの「客を放置する時間」が好きとか言ってたしドM公言しちゃってるし、いいんじゃないかな!
ほんとこの人のMC大好きすぎる。

 

サンクチュアリ。この曲ライブで聴いたの初めてでした!

(KAMIJO的にも久々なのではなかろうかと思いマネージャーレポートを遡ってみたのですが………どこのライブでも見当たらず………?!少なくとも2015年2月以降はやっていないようです)
実は超レアだったんだなーということが今さっき発覚したわけですが(笑)
キーを少し落としていたのがちょい気になりましたね!ちなみにこの時点で12曲目です。

続いて闇夜のライオン。HEART楽曲続きですね!
サンクチュアリに続きこちらもキー下げてたかなぁ。
後半の盛り上がりのために喉を抑えておくためでしょうか。

K「こんなロマンティストを愛してくれて、ありがとうございます」的な一言MCが入り、
Romantique。やはりHEARTで攻めてくる。最近のライブの傾向としてはシンフォニーかRoyal Blood、VersaillesLAREINE楽曲多めの構成だったので、HEART楽曲はなんだか新鮮に感じました。
(こんなにきれいな曲なのに「♪見上げれば羽ばたくコウモリも」で「なんでコウモリだぁ?!」ってツッコミ入れたくなるのはここだけの話。)(しかもその後「蝶のよう 可憐に肩にとまる」だからね。コウモリ肩に止まっちゃってるから。こわい)

ここでSE。すっごい聴いたことあるSE………もう会場ざわざわしてるし……あれじゃん…
ついに………来たじゃん………!!

LAREINEのターーーン!!!!

前方のステージをガン見していたところ、突然スクリーンに映し出されるMAYUさん。

一瞬、何が起こったのかわからなかった。

なんと、LAREINEメンバー花道からの登場!!

もう、会場ウワーーー!!ですよ!!!
花道の先端から、まずMAYUさんの登場。んぎゃーーー!!
お衣装は、ゴールドと深紫を基調としたドレス。
続いてEMIRUさん。ピンクを基調とした妖精ワンピース。
そしてMACHIさん。深紅のお妃様ドレス!本当に似合ってて美しかった〜〜!

ていうかHIZAKI姫のツイート見て。
このレポ的には姫フライングだけど、見て。


すごくない?!なに?!!完成度高い!!! 
視界が眩しい。

そんな興奮冷めやらぬ中、KAMIJOサマ登場!!本日3度目の衣装チェンジ!!

f:id:frostxmoon:20151230164930j:plain

やはり、青かった

すごい青のファーコートでした!衝撃的すぎてどこから手が出てるのか観察し忘れた。

もう書くまでもないと思いますがここからはこんな感じ。

Gu.MAYU
Ba.EMIRU
Dr.MACHI(←薔薇巻き付きのツーバスドラムの方)

 登場SEからそのままの流れで、LILLIE CHARLOTTE。

ナヨりVOICEじゃないリリーシャルロット、すごくいい…(失敬な)
スティックをくるくる回すMACHIさん、めっちゃ器用!すごい優雅。EMIRUさんはステージセンターで魅惑の妖精っぷりを魅せつけてました。w
KAMIJO氏は『♪不意に帽子を落としたふりして、僕に「拾って」とせがんできた』で帽子を拾うようなフリもやってました。ほんと、メルヘンだなぁ〜〜

お次は、がらりと雰囲気が変わりまして、フィエルテの海と共に消ゆ
この曲は個人的には全く予想していませんでした。

同名アルバム『フィエルテの海と共に消ゆ』のラスト曲でもあるこの曲。
「なんや、めっちゃセリフ入ってんなぁ〜〜」としか思っていなかった私をブン殴りたい。まじで。

鳥肌が立った。


今思い出しただけでもゾクゾクする。

スクリーンには、LAREINE時代の映像が映し出されている。
当時の音声に重ねるように、現在のKAMIJOがセリフを重ねる。

その姿が、本当に感動的で、ああ、なんて言ったらいいんだろう、
言葉が足らなすぎて悔しい。

この1曲だけで、『フィエルテの海と共に消ゆ』というアルバムの物語すべてを表しているような、圧倒的な切なさ、苦しさ。なんといっても、KAMIJOの声が本当に素晴らしくて、泣きそうになりました。
『"碧い幻影"として この生涯を 捧げよう』の所で本当に鳥肌が立った。

圧倒的表現力。

圧巻としか言えない。

ぜひ映像化した際はもう一度見たい。生の感動には勝てないかもしれないけど、もう一度見たい。


はぁ〜。感動した〜。
これ絶対ちゃんと聴いた方がいい。↓(とか、すっごい今更すぎることを言ってごめんなさい)
f:id:frostxmoon:20151230221058j:image


続いてfiançailles。正直、フィエルテショックで全然覚えていません。笑
スクリーンでPVか何か流れてたような気もするし、幻影かもしれない。幻影だな、たぶんな。

ていうか、”いまこの目の前で起きていることが現実であるかどうか”がわからなくなってきてたんですよ。
LAREINEのメンバーが、目の前で、生で演奏するっていうことが、なんか非現実のような気がして。
タイムスリップしたみたいな、不思議な感覚でした。

そしてMC。

 


あのKAMIJOが、泣いていた………


いつでも毅然としているヴァンパイア伯爵のイメージが強かったので、かなり驚きました。それだけ、彼にとっての「LAREINE」集結は、大きかったのだろうなぁ…。

次のMétamorphoseでは、涙で声がぐずぐずになる場面も。
その様子がまた、ねぇ!こっちの涙腺もくすぐるんですよ!!
え、涙腺くすぐる?なんかおかしいな!とにかくグッときたんだ!!!
しかも、雪を降らすというステージ演出あり。これはもう、KAMIJOじゃなくても泣くしかない。

(FCのマネージャーレポートでは、Métamorphoseの後にMCとなってたんですけど、私の記憶が正しければ、曲前にも喋ってた気がするんですよね…。その内容を受けて、メタモルでぐずってた気がする…違ったかなぁ)


この曲のオスカルKAMIJO氏が好きすぎるので、懲りずに貼りますわ。
ついでに言うとMACHIさんのビジュアルも非常に好み。。ポッ

www.youtube.com

 

さて、お次は、再開の花

もうLAREINE歴代代表曲のオンパレードですやん。
さすがグランドフィナーレともなると一切出し惜しみしない感が素晴らしい。
心の中でスタンディングオベーション!(もう既に立ってるからね)


ここで、LAREINEのターンが終了。


また、聞き覚えのあるSEが………。

これは、Sound in Gate………


ついに、Versaillesのターーン!!
映像は、ASCENDEAD MASTERのショートムービーをアレンジしたようなやつ。
暗転の中、袖から出てくる楽器隊・・・・・ん?

あれ。あのシルエットは・・・・・

Gu.Meku
Gu.DAISHI
Ba.時雨
Dr.MAOKI

 
ん、んん?!ま、まあ良い、待とうではないか、、


そうこうしているうちに・・・・・・・



なんと、





God Palace






くぁwせdrftgyふじこlp;

 

ゴッパレキターーーーーーーぁぁぁぁぁあああああ

〜興奮しすぎてこの時の様子を文字にすると多分次のページに逝ってしまうので割愛〜


ついに・・・・待ちに待ったGod Palaceです・・・・・・おお神よ・・・・KAMIJO様よ・・・・
祈りを捧げよ・・・・・・

ちなみにこの時点で既に20曲目。神が神に戦を挑んだ。
(確か衣装は 黒ブラウスにいつもの革パン&ブーツになっていたと思います)

『♪何故 人は皆 愛に傷付く為だけに生まれてくる』のところからの盛り上がり方や、KAMIJOの感情の入り方が大好き。聴き入ってしまう。
しかし、生で聴くGod Palaceの破壊力たるや…なんと恐ろs




え、ちょっとまって




なんか Ba.とDr.が

MASASHIとYUKIに変わっている……


不覚!!!
KAMIJOに注目しすぎていた。恐らく第二楽章の前の間奏部分で代わったのではないかと……
薔薇巻きつきのツーバスドラムの方にYUKI兄!!!
そして魔王様の如き圧倒的存在感MASASHI様!!!
なにこれ〜〜〜〜〜懐かしみが物凄い!!!YUKI兄の姿を見たのが久々すぎて泣きそうでした。

(楽器隊→ DAISHI ー Meku ー MASASHI ー YUKI


そのままMeku&DAISHIのギターソロ。
ここ、Meku君しか弾いてないと勝手に思っていたのですが、ハモりでDAISHI君も弾いていたのですね。失礼しました。。

『美しく 生きて行け 激しく華やかに』のところは安定の”ゆらゆら”。

そのまま終わると思いきや。


第四楽章に入る直前、

突然TERU君とHIZAKI姫が現れる。

一瞬すぎて、またもや何が起こったのかわからなかった。

しかもベースとドラムが時雨さんとMAOKI君に戻っている。
(楽器隊→ TERU ー HIZAKI ー 時雨 ー MAOKI)


何が起こったのかわからない!!

けど目の前に姫がおるーーーーー!!!


しかもこの時の歌詞が
『これが現実だとして 誰が夢とすり替えた?』

こっちが訊きたいよ!!!

何この演出!!ニクいねアンチクショウ!!!
フロントマン3人が、おてる・KAMIJO・姫……豪華すぎてなんかもう、眩しい・・・

 あれだけ渇望していたGod Palaceをようやく生で聴けて、
さらにこんなイリュージョンみたいな演出……すごすぎる。鳥肌モノでした。

 

そして、この楽器隊編成のまま、ASCENDEAD MASTER!!
一切の出し惜しみ無し!!!
スクリーンにはPVが映し出されていたと思うんですけど、姫のビジュアルが当時とほとんど変わっていなくて(というかステージの強照明のおかげで、このくらいの金髪具合とシャープさに見えた)感動。姫ほんっとかわいい。ほんっとおおおおにかわいい!!


そして待ちに待った、ギターソロ!!
姫のドヤドヤソロに続き、TERUくんのキラキラソロ、ひっさびさに本家のツインギター聴けてもう嬉しくて嬉しくて心臓爆発しそうでした。
TERUくんソロがおわって二人で弾きながら、揃ってギュイ〜〜ン!ってするところが大好きなの!!
やっぱアセンデッド、神曲だなぁ・・・


このへんでもうかな〜りお腹いっぱいになっていたのに、次曲なんだとおもいます?

Aristcrat's Symphony
だよ!!!
天才か!!!

ここからの楽器隊は→ DAISHI ー Meku ー MASASHI ー YUKIでした。あくまでまだVersaillesメンバーは揃えないらしい。

ゴッパレ、アセンデッド、と来てアリストって、もう、何が言いたいかわかっていただけますか…(合掌)
最高でした。ありがとう、神よ。。

 

そして、いよいよ、
Versailles復活の儀式』

生中継が入るとのことだったんですが、なんとこのシーン、まさかの
写真OK。なんて粋な計らいなんだ!
すかさずスマフォを取り出し始める仔羊達。

SEが流れ、いよいよ、ローズライトを掲げたVersaillesメンバー5人がステージに揃う。

 

 f:id:frostxmoon:20151231181001j:image


Prelude。

かつてのライブの登場シーンのように、一人ずつ、花道に向かって歩く。


花道の先端には、なんかこう、台みたいなのがあって(語彙力が残念)
そこにローズライトを献花するようにして置いて行く。

f:id:frostxmoon:20151231175805j:image f:id:frostxmoon:20151231175817j:image f:id:frostxmoon:20151231175829j:image f:id:frostxmoon:20151231175838j:image
(先述の通り花道の真横にいたので全員後姿ですが、おかげで神々しい逆光に!!)

 

Youさんのシーンでは、KAMIJO氏がローズライトを捧げていました。f:id:frostxmoon:20151231180827j:image

 

そして最後に、KAMIJO!

f:id:frostxmoon:20151231175846j:image
なにこれ神々しすぎる

 

 (そういえば、復活の儀式のときから、活休前と同じ衣装になってました。
 KAMIJO氏、この日何回衣装替えしたんだろう。笑)


無事、復活の儀式を終え、

The Revenant Choir

Vo.KAMIJO
Gu.HIZAKI
Gu.TERU
Ba.MASASHI
Dr.YUKI


満を持して、って感じ。もはや様式美。やっぱこの人たち最高だよーーー!!
TERU君や姫に絡む姿もめちゃめちゃ久々に見れました。心なしか、以前より嬉しそう…?!そりゃそうか!!


ここで、SEが入ったらしいのですが、もうこの辺からぜんぜん覚えていません。
つづくこの世で一番美しい薔薇よRoyal Bloodは、見ているだけで精一杯で、誰が演奏していたのかも全く記憶にない・・・!ソロサポートバンドだったのかな?このへん私も映像化された時に確認しまっす!
銀テープがめっちゃ降ってきたのだけは覚えている・・・!(←地味に4本だけGETしてきた)

最後に、今日のメンバーが全員出てきてくれたのですが、姫がMACHIさんにわちゃわちゃ絡んでいてとても可愛かったw サポメンが前に出るシーンでは、姫がMeku君にちょっかいをかけていてMeku君が出そびれるという場面も見られました。 かわいすぎ!

余談ですが、姫とMACHIさん・MASASHI君が花道を通ると、非常に良い匂いがしました。笑

そして、ひとりずつコメントを。
HIZAKI姫が
『一度離縁しましたが、復縁しました!これからもいい夫婦でいたいと思います』
と言っていたのが印象的で、激萌え大変良かったです!

終演後のTwitterでもこんなコメントを投下してくださっていましたね!

 これはもう、子供に期待するしかない・・・・グッ

(今日のライブ、KAMIJO氏のことを”ダーリン”と公言していらっしゃるKaya様もいらしてたようなんですが、この夫婦宣言をお聞きになってどう思われたのかしら…w Kaya様、愛人?!なんて余計な心配もしてしまいましたw)

それにしても、HIZAKI姫とMACHI様の間に挟まれるKAMIJO氏、ほんと絵になる!
姫もマチ様も赤い衣装なんですけど、良い具合に色合いの違う赤(姫は薄めの赤でマチ様は深紅!)で、女形といえど全然違う印象にまとまっていてとても良かったし、
その2人にまさに”両手に華”状態で挟まれる白い衣装のKAMIJO氏が大変素敵でした。よっ!兄貴!!


『KAMIJO 20th ANNIVERSARY グランドフィナーレ』と呼ぶにふさわしい、
本当に素晴らしいライブでした。語彙力がなさすぎて”素晴らしい”しか言えなくてホント残念なんですけどね!すばらしかった!

圧倒的カリスマ、圧倒的求心力。これからも付いていきやすぜ兄貴!
あそうそう、兄貴って呼んで良いのは男性諸君だけなんでしたっけ。知るか!兄貴〜!


 

最後にもう一度セットリストを。

f:id:frostxmoon:20151231215517j:plain

 

25曲!このラインナップ、後光が差していますね。

 

 

 

・・・そうだ忘れていました
スペシャルシート特典。こんなかんじでした〜
f:id:frostxmoon:20151231202806j:image
超絶わかりづらくて申し訳ありません。
でっかいのが2016年カレンダーでして、こちらは普通に単品で買えるものですが、
その他は非売品とのこと。
カレンダーの上に乗せてしまったせいで非常に見にくいですが、こちらのDVDは各バンドメンバーへのインタビュー等が収録されていました!
ライブ終演後流れていた映像はおそらくコレだと思います。本編再生し終わったと思ってしばらく放置してたら、例のペンペンのオフショット映像も収録されていて、あまりの可愛らしさに鼻血噴きかけました。お気に入りか!

f:id:frostxmoon:20151231202842j:image

あとコレが新発売の
ラヴィアンローズライト』です〜
以前のローズライトと比較。
造りが結構しっかりしていて、スイッチボタンも押しやすい。押しやすすぎて鞄の中で点いてしまうとの情報アリ。
赤一色なんですけど、早い点滅と遅い点滅、点灯 の3種類の光り方が選べます!
ぶっちゃけ早い点滅めっちゃ夜間工事

 

 


あと、生サイン色紙欲しさにJUBILEEもちゃっかりゲトしてしまた。。
f:id:frostxmoon:20151231203053j:image

100Pパンフレットももちろんゲトしましたが、期待通りのボリュームbb
こちらは是非ともお買い求めくださいませ。私は帰宅後、深夜のリビングで体育座りをしながら読みました。(この情報いらねぇな)
MACHI様めっちゃ美しかった〜〜私も深紅が似合う女になりたいわ!(も?)

そういやタオルも買ったのに『片手に夢を持つ少女』なかったから振らずじまいだ…来年に期待!!

 

 

 

あああ来年で思い出した!!!!

 

 

 

KAMIJO 新章の情報も解禁されましたねーーー!!!

キービジュアルがもうやばすぎて心臓飛び出そう。

f:id:frostxmoon:20151231213102j:image

まさかの半裸。驚きすぎて心臓飛び出そう。心臓何個あっても足りないんですけど。
UTSUKUSHII・・・・・・なんてすばらしい肉感なんでしょう。首筋から肩にかけての筋肉とほどよい肉付k
おっとこれ以上は危険だ やめよう

きっと二次元から出てこられたのだ。

(このチラシを枕の下に敷いて寝て、初夢に出演して頂こうと目論んでおります。) 

 

それからVersaillesのライブ情報も。
f:id:frostxmoon:20151231213209j:image
『CHATEAU DE VERSAILLES』2016年 8月7日 舞浜アンフィシアター

行くしかないですねえ!"シャトゥー ドゥ ベルサイユ"ってめっちゃ懐かしい響き!


でもちょっとまって、こっちすごい気になる……

f:id:frostxmoon:20151231213218j:image
6月25日、Zepp DiverCityで一体何が・・・・・?!


今後の情報に期待!!

 

 

以上、また死ぬほど長くなってしまいましたが
書き散らしレポにお付き合いいただきありがとうございました。
なんとか年内にUPすることができました。読み終わった頃にはもう年明けてるかもしれませんね!はは!

今年はわたくしにとってかつてないほどKAMIJO YEARでした。
来年もどうやらそうなりそうです。

お次は1月16日、対バンLIVE!
行ければ1月4日の真夜中の羊飼いvol.3かな!

今年もありがとうございました。良いお年を!!



Versailles復活


表題の件、八度見くらいしました。
どうやら現実のことらしいと理解したので吐き出しに来ました(笑)
 
あ、最終的にハッピーな話なんですけど、本当に思ったこと吐き出しているだけなので不快に思ったらブラウザバックよろしくですよ!
 

12/13 KAMIJO×Be choir『もしクワ』@東京キネマ倶楽部レポ!

12/13、
「もしも Be choirが KAMIJO とコラボレーションライブをしたら」

略して

もしクワ東京キネマ倶楽部 に参戦して参りました〜〜!

KAMIJOライブレポもやっとこさ4本目になりやした。
7/208/2310/30 

 

Be choirさんとは、2010年より活動されております、クワイア/マスコーラスグループであります。ちなみにわたくしゴスペルやクワイヤやら、まっったくわかりませんので間違ったことを書いていたらすみません。知識ゼロでお送りしております。

 

さて、KAMIJO楽曲といえば随所にクワイヤが多用されており世界観を構築しt…

 

ダメだ、詳しいことを書こうとするとボロが出るのでやめよう!
我激推しのGod PalaceとかMASQUERADEとかでコーラスしてるアレですね、
アレを主体として活動されているグループと、まさかのKAMIJO兄貴がコラボ。
一体ど〜〜なっちゃうの?!

 

はてさて、行って参りましょう。

 

 

16:00 OPEN、17:00 STARTとのことでいつもより入場時間が30分長く取られておりました。私は毎度のことながら若干遅刻気味で(←)整番間に合えばいいかな〜くらいの勢いだったのですが、着いてみるとあらまぁ、すんなり入れてしまい、なんと最前から3列目。

f:id:frostxmoon:20151214231629j:plain

あとでわかったことですが、どうやらBe choirさん側のファンの方々はほとんどが後方におられたようです。

会場SEはオペラ調。ベートーヴェンの「運命」とかかかっt
ハッ、ベーーートーーーヴェンだと?!はっはぁ〜〜〜〜
そうだよねそうだよねぇ〜〜〜〜今日Symphony Of The Vampireですもんね〜〜〜!!
SEから期待を煽ってくるノリだそうで、ははぁ。ワクワク。

そんなこんなで、17:15ごろ開演。

さて、まず最初に言っておきますと、
序盤50分ほどはKAMIJOサマ出てきません。


出て、きません。笑

 

あの〜〜〜〜、SEベートーヴェンだし、完全にシンフォニ〜〜オブジヴァンパィァア〜〜の用意が整っていたわけですけども、
最初の数曲は完全Be choirさんのステージでございました。

陽気なゴスペルからガチ熱唱を繰り広げられる皆様……

正直なところ、前列を張っていた我々子羊的には
「(一体何が起こっているのだ………?)」
な空気が否めない状態に…いつものロックのノリと全く違うのでノリ方が全く分からずオロオロする前方…(笑)

しかし。
choirの皆さん、ほんとうに楽しそうに歌われるのですよ。
なんだか、よくはわからないけど、だんだん楽しくなってくるのがわかりました。
何より、代表の長谷川さんが本当に素敵な人柄で、歌が大好きなんだな〜っていう事がひしひしと伝わってきました。

面白かったのは、
「皆さん、KAMIJOさんを見たいんでしょう?Symphony Of The Vampire聴きたいんですよね?!大丈夫です、あとでいっぱい出てきますから!」
「赤(レッドカーペット部分)に乗るなって?今だけ許してください、許可得てますから!あとでアイツ、レッドカーペットに乗ってたってSNSにアップしないでくださいね!」
「僕と陛下の関係?まぁ、下僕の扱いですけど^^」
などなど、連発する自虐ネタ(笑)
めちゃめちゃ面白い人でした。

 

はてさて、なんだかゴスペルを聴きまくってなごやかになってきたところで、Be choirのターンが終了。

2014年12月13日の、長谷川&KAMIJO ファーストミーティングの映像から今日に至るまでの練習風景などのVTRが流れておりました。

そうです、本日初KAMIJO、まさかの「映像」!
しかも右太ももとオフ時のサングラス姿の映像でした(笑)

 

 

そして、長谷川さん再登場!なんと、近衛隊の衣装で出てきました!
(白塗りは間に合わなかったとのことで素顔でしたが)
Vive le Roi!の敬礼もバッチリキマってました。

そして滔々と語られる、Symphony Of The Vampireの世界観についての説明。
なぜ改めてそんな………
あっ………そうだ……今日来ているお客さんの中には、生粋のBe choirさんのファンの方もいるのです………

つまりあのKAMIJOワールドを一切知らない人もいるのです………

すっげ〜〜〜〜ハードル高いよコレ??!笑

ですが、スクリーンをうまく使って、
1795年にルイ17世がタンプル塔に幽閉され虐待を受けたのち齢10歳にて亡くなったはずが、実は何者かによって連れ出されヴァンパイアとして生き延びていた
欲望のまま生き血を吸いながら生きていたルイ17世に、ある2つの事を教えたのは
同じくヴァンパイアであるベートーヴェンであった
一つは「美しい旋律は血の代わりとなる」ということ、もう一つは「ヴァンパイアは人を愛してしまうと聴覚を失ってしまう」ということ。

という初見では理解不能であろう難しい世界観を説明しておられました。

そうこうしているうちに、雷鳴が響き渡り……

 

K「いつまで待たせるのかな長谷川くぅ〜ん?」

本日の神、降臨!!

ここからKAMIJOのターン!と言わんばかりに
<SE>Vive le Roi が流れはじめます。よっ!待ってました〜〜〜〜!!(←なんかちがう)

f:id:frostxmoon:20151214230929j:plain

いや〜〜〜〜、50分間もお預けをくらっていた我々、歓喜!!!!

水を得た魚のように生き生きし始める!!!よっ!アニキ!待ってました〜〜〜〜!!!(←なんかちがうけどほんまこれ)

衣装は久々の、Symphony Of The Vampire仕様!!
しかも、あの襟のふりふりが無いバージョン!!ありがたやありがたや(合掌)本日も美しい首筋を堪能出来る〜〜〜!!

そんであたくし、中央寄りの下手側にいたもんで、まんまSymphony Of The Vampireのジャケ写のような角度で拝むことができたのです!ステージ天井からのスポットライトが当たるとなおのことジャケ写〜〜〜!!ふぁ〜〜〜〜!!完、璧。

ていうかそういえば先日見てきたばっかりの衣装やんねコレ
f:id:frostxmoon:20151214232905j:image
↑渋谷マルイの展示にて。
久々にこの衣装着てるの見て、うひゃ〜〜!やっぱ本人が着ていると違いまんなぁ〜〜〜!って思いました〜

改めて、会場図でございます。

f:id:frostxmoon:20151214231637j:plain


Vive le Roiからそのままの流れで予想外のRose Croixに突入!!うっひゃ〜〜〜!
ロゼクロワ、何気に久々じゃないですかね。と思いざっと調べたところ、なんと8月2日の横浜以来でした。
Aメロに入る前の間奏部分、ゲーム音楽みたいで好きなんですが、あの部分にクワイヤが加わると迫力が凄い。一気に厳かな感じに。

Be choirとのコラボとのことで、楽曲まるまるゴスペルアレンジになるのかと思いきや、いつも通りのバンドサウンドに生のクワイヤが合わさった感じ。
なので、いつも通りのノリで頭もガンガン振るし、手扇子も拳も全力でございます。
これは正直予想外!
今日は全く暴れる予定ではなかったので、一曲目にして「これは…ヤバイ!!」と確信。そして覚悟を決めました。笑

マントをブヮサッッ!!ってやるKAMIJO氏を見るのも久々で良かった。あのマントさばき、やっぱりイイよね〜。マントを翻しながらステージを闊歩する姿が大好きです。

 

さぁ、お待ちかねの Presto。
「♪心臓をえぐり出し ガラスの玉座に乗せ 父と母のすぐ隣で 王となる」という
一番えげつない部分から、choirのコーラスでスタート。笑

しっかし始まってしまうとも〜〜〜う心拍が!心拍が!!
これこれ、これだぁ〜〜〜!!!これを待っておったんや〜〜〜〜!!!

1時間近く待ったあとのPrestoは破壊力が尋常じゃ無い。

今までで一番感動したかもしれない。

しかも生クワイヤ。完璧である。

この曲は(何度か書いた気がするけど)ただでさえヘドバン手バン折りたたみ拳シャウトと観客側も大暴れする曲なので、それに加えて今までの熱量が蓄積されていた分、大爆発してしまった感じでした(笑)


そのままSacrifice of Allegroへ。ふぁあああ何度聞いても完璧ですなぁ!
ちょうどいいテンポ感で非常にヘドバンしやすい。
広場に集まった民衆の声も心なしかいつもより盛大だった気がします!

アウトロに入り、神がシルバーの聖杯で水を飲んでいたのですが、その姿が本当に優雅で、まるでヴァンパイアが血を飲んでいるかのような…
おっと、まるでじゃなくてヴァンパイアでしたね!血を補給していたんですね!

続いてRoyal Tercet。この曲は生クワイヤがとても活きていた。重厚感と厳格感がものすごい。それから、詞に込められた悲劇も増していましたね。つくづく、KAMIJO楽曲とchoirの相性の良さを感じました。
ゆらゆらゆらりと揺れながら小休止しつつ、歌にのめりこんでしまいました。

そしてLous〜艶血のラヴィアンローズ
あっ、なるほど、あくまでもルイ17世の物語に沿って行くのですね!

『暗黒のマントをなびかせ手招く』の歌詞とマントさばきがバッチリでうおおって思った気がする。
そしてこの曲も生クワイヤとの相性が凄まじい。もう感動しかなかった。

と、思いきや。

Cメロ後の「♪ラヴィアンローズ 君の中眠る覚悟の花 今こそ目覚めて共に咲かないか」の部分、
K「♪ラ〜〜〜〜〜〜………」
 ……えっ
K「♪…………今こそ目覚めて共に咲かないか」

えっ今


今なんか、えっと

「〜〜〜ヴィ〜アンローズ 君の中眠る覚悟の花」どうした?!!!
うっかり歌詞飛ばしたのがなんなのかわかりませんでしたがすっごいとこ飛ばしてくれちゃいましたね?!笑
あ〜〜んここ大好きなのに〜〜!笑

まぁいいや。他はとっても良かったです!

 

【MC】
ボンジュール!(いつもより多めにいただきました!)ボンジュール!今宵もヤラシク!
(って多分言ってたと思う)

以下、内容うろ覚え(後半のMCと混ざっちゃってるかも)

●かみじょうさまと まさひろちゃんの お戯れタイム

KAMIJO「ヴィーヴ!」 我々「ホワ!」
K「ヴィーヴ!」「ホワ!」「ヴィーヴ!」「ホワ!」

K「ヴィーヴ!」長谷川(以下「長」)「ホワ!」

長「Be?!」K「C?D?E?F!G!Great!!

wwwwwwwwwwwwwwww
K「わかってるよ、君のグループの名前はBe choir、

  でも彼らはもう既に、洗脳済みさ♡」

K「ヴィーヴ!!」choir『ホワ!!』←ものっすごい揃いっぷり
我『オォ〜〜〜〜〜(拍手)』


●「もしクワって、どうなの?」という話
K『”もしもBe choirがKAMIJOとコラボレーションライブをしたら”って、長〜〜いタイトルを省略したい気持ちはわかるけれど、”もしも”の”もし”とBe choirの”クワ”で”もしクワ”って、随分前半の方だけでまとまっていませんか?!』
た、たしかに。
K『そこで、考えたんです。『もしJO』なんて、いかがですか?!
我『wwwwwwwww』
K『Vol.3しか使えませんが!』wwwwwwwww

………採用しましょう!!するんか!!!
K『ありがとうございます!”もしJO vol.1”!』wwwwwwww

完全に神のペースにどんどん巻き込まれていく長谷川さん(笑)

K「ところで今日のライブはただのコラボライブじゃないんです、ディナーショーですよね?まさひろちゃま?」 ←お、おお
長「?!は、はい!」
K「ディナーショーの前菜といえば?なんですか?」
長「前菜……?」
K「前菜といえばたくあんに決まっているだろう!
長「??!この身なりで…?!」
突然漫才を始める二人。 
K「じゃあメインディッシュはなんですか?」
長「??!!?!」
K「お前たち、メインディッシュは何かわかるか?」

ざわ……ざわ…………
K「おいお前達、自分たちが何者か、わかっていないようだな……?!
  そう、今宵のメインディッシュは子羊達、お前達です」
ウワーーーーーーーー!!(この空気感である)(今日は半数がお初さんなんだZE!)

 

はい、Dying Tableですねーーーーーーーー!!!!
暴れ曲きましたねーーーーーーーー!!!!!首もげるかと思いました。
Let me Bite your neck!のところ、choirの皆さんがすっげえいい声でコーラス入れてたのが面白かったです。すっっげえいい声だった。NOTデスボ!!笑
折りたたみ部分本当気持ち良い〜大好きだ〜〜
逆ダイ部でなんかまた小さく「跳べ!」って言ってた気がしましたが、今回周りを見る限りみんな総無視で転がり込んでましたね(笑)

続いてSonata。私この曲ライブで聴くの初めてでした。
この曲素晴らしいね。音源だけでも十分”聴かせ曲”だし、シンフォニーの中でも個人的上位曲(順位とかつけられないんですが…)なので、生で聴けて本当に嬉しかったです!
そしてしかも、生のchoir!も〜〜相性素晴らしすぎて。隣の方、泣いてたしね。わかるよ。。
サビ部が特にchoir大活躍で、本当に聴き応えがありました。壮大すぎる。


再びMC。

なんだけども。(笑)

あの、Sonataでスモークがガンガンに出まくっていて、これ完全にやりすぎでは?!な量の白煙が会場を覆い……(爆笑)

MCに入るもKAMIJOの姿が全く見えないという惨事に(大爆笑)

幸い数十秒で視界が晴れたので良かったですが、一時はどうなることかと…(瀕死)

 

気を取り直して。

●KAMIJOサマ、ドM発言
K「え〜と、ヴァンパイアの歌を歌っている割には、血が苦手な、KAMIJOです…」
 ヒロシです…?
K「血もダメなんだけれど、火もダメなんだ」←かわいい…
K「よくね、ライブとかで「噛み付いてこい!」とか煽ったりするんだけれど、普通そういうのって「噛み付いてやるぜ」だと思わない?
……そう、僕って…ドMなんだよね…」

知ってる♡いつかどこかのインタビューで「HEELはドM精神をひっくり返して書いたドS曲」だとか言ってたような言ってなかったような

はい。

K『次の曲は、ベートーヴェンによる告白です、「満月のアダージョ

さっきのSonataからはライブでは初めて聴く曲なので、すこし新鮮に感じながら聴けました。もちろんchoirも大活躍。
PVの『愚かな末路さ』の所で白目かっ開く所が大好きなんで、ちょっと期待してガン見してたんですけど、さすがにライブではやってくれなかったです…残念〜

ラスト、Throne。ああ、もうここまで来てしまったのか…とやや悲しくなる。PrestoとThroneは同じ旋律が使われているけども、やっぱりThroneは締めくくりなんだなぁ。当たり前だけど。。
今日はキーボードさんがいらっしゃるので、ピアノソロも生演奏!これは良いね。毎回キーボードさん来てくれたら良いのになぁ!
ギターソロもめちゃくちゃキマってました、ケリーサイモンさん!(←名前覚えた)

『遺されたロザリオ 王冠なき王のために 何度も受け継がれて 再びまた巡り会えた』
なんだかも〜〜〜〜じんわりくる〜〜〜くるよ〜〜〜
『夢を見ていた少年を待つ 未来は』
あ〜〜〜あかん〜〜〜〜〜
『悲しいだけではない 彼は雄偉な王となった』
あ〜〜〜〜〜やめちくり〜〜〜〜〜〜(ワイ氏、感極まりTHE END。)



は〜〜〜〜〜〜〜〜〜。素晴らしかった!!!
ここで、本編終了。
感動の嵐に包まれつつ、Vive le Roiコール。
ものの1分ほどで長谷川さんが再登場。

真面目な話をされていました。
Be choirの音楽性は、一緒に楽しんだり、声を出したり、何かを共有すること。それを楽しみにして下さっているお客さんと、
KAMIJOの世界観(悲しみだったり、一見暗いような、目を背けたくなるような題材も含め)を支持しているお客さんは、交わることがないかもしれない。
それは重々解った上で、このコラボライブを実現しようと思った、と。
きっと全く慣れないノリだったと思うけど、自分たち(Be choir)の音楽にも好感を示してくれたことに感謝します。というようなことを仰っていました。

KAMIJO楽曲や、彼の世界観、こだわりについて、本当によく勉強されたのだな〜ということが伝わってきました。本当にいい人なんだろうなぁ。
たった数時間のライブだったけども、長谷川さんの人柄に惚れてまうやろ!な時間でした。


そして、アンコール。
「この世で一番美しい薔薇よ」。完璧だな!!この流れ。
先ほどの長谷川さんの大変素晴らしい話(私の記憶力があいまいなせいでだいぶ拙く省略してしまいましたが、実際もっともっと素晴らしいことを仰っていました…)
か〜ら〜の、この曲。お涙頂戴ですよもう〜〜

『あなたの魂と一つになって 初めてこの歌は命を持つ』
『あなたの人生と重なり合って 動き出すストーリー 時を超えて』
スクリーンに歌詞が映し出され、観客一同、合唱。
なんか、こんな感動的演出がされたの、、初めてじゃない…?!
私の中では完全にSympathiaポジだなぁ。


 

あ、いっこ書き忘れたなぁ。どこだったかなぁ。
確かEN前でchoirの皆さんが再登場するところ。

K「それではクワイアの皆さんもステージにお呼びしましょう。ヴィーヴ!」
『ホワ!』
「ヴィーヴ!」『ホワ!』
「ヴィーヴ!」『ホワ!』

K「Be!」『choir!』
「Be!」『choir!』
「Be!」『choir!』

なかなか入場が終わらない……笑
K「Be!」『choir!』
「もっと!」『choir!』
「Be!」『choir!』
「もっとだ!」『choir!』
「もっと!」『choir!』
「Be!」『choir!』
K『まだかよ!!←さすがのKAMIJOも吠えたっw

永遠に続くかと思われたBe choirコール……それでもまだ入り終わらない…
「Be!」『choir!』
「Be!」『choir!』
「ストップ!!シン君、行進!」
ドラムの渡辺シン君にスネアで行進リズムを取らせる神。シンさんの反応の速さが素晴らしすぎた。笑

無事choir全員入場し終わりまして、か〜ら〜の、
K『ヴィーヴ!』『『ホワ!!』』
完っ璧だ(キラーン)


はい。それだけなんですけど、笑
いま何行使ったかな?!!?!wwwwww
普段しゃべり口調が丁寧なKAMIJO氏が「まだかよ!」ってなかなか珍しい!
見ていて結構面白かったポイントでした。


そんなこんなで、宴も終焉、
K「それでは、一足お先に……ありがとうございました!」
とステージを去ろうとする神。

長「ちょちょちょちょ!ちょ、ちょっと待ってください?!」

サブステから裏へ戻ろうとしているところを慌てて止める長谷川さん。

f:id:frostxmoon:20151216234956j:plain


無言のまま幕に頭だけ突っ込んでいるKAMIJO氏が最高にキュートでやばかった。
(たしかになんか、ペンギンっぽい……笑)

K「どうしたんだい…?」
長「いや、なんか、忘れてません?!”もしクワ”ですよ??一応共演していただいた方にもゴスペルを歌っていただくことになってるんですけど…まだ聴いてないですよ?!」

すっとぼけながらステージに戻ってくる神。
なんかこの二人、本当に漫才をやってるみたい。笑

え〜〜どうしよっかな〜〜〜みたいな顔でニヤニヤしながら
K「不幸せな曲にしちゃってもいいですか?」と神。

そして、かの有名なゴスペル曲、「Oh Happy Day」を、
Be choirの皆さんと歌う超レアなKAMIJO!


と、思いきや。


突然のロックアレンジ!!!
”Oh Happy Day”をKAMIJOワールド全開の『No Happy Day』に改変し、ごりごりギターの完全ロックサウンドに!!!ガンガンぶっ放す神。
会場も思わず拳突き上げの大盛り上がり。笑

あんなハッピーな曲がこんなごりごりロックサウンドになるとは思いもよりませんでしたが
彼の編曲スキルの高さはすでに周知の通りでして、
も〜〜〜めちゃめちゃ楽しかったのです!!ww

そんなこんなで、最後はBe choirも含めた全員で歌い、本日のライブは終了いたしました。


あ〜、こんなライブはもう二度とないのかもしれないな〜と
長谷川さんが序盤のMCで何度も仰っていた、「歴史の証人になってください」という言葉をひしひしと感じましたね…
確かにこれはある意味革命の歴史ですよ!
Symphony Of The Vampireというルイ17世のストーリー云々ではなく
KAMIJOというアーティストにとっても革命の歴史のひとつになったのではなかろーかと、思いましたですよ。
そういった意味でも「歴史の証人になってください」と言いたかったのではないですかね。
違ったらさーせん。

曲数的には(KAMIJOだけでいうと)11曲(ある意味5曲。笑)という
非常に少ないライブだったのですが、
そんなことを微塵も感じさせない、超絶濃厚な、素晴らしいライブでした。

 

そういえばセットリストをすっかり載せ忘れたので
最後ですが載せておこう。

f:id:frostxmoon:20151217003156j:plain

 

相変わらずの長文失礼しやした!

さぁ!
次は年末の12/28 Zepp グランドフィナーレですよ!張り切っていきましょう!


10/30 KAMIJO ハロウィンLIVEレポ@新横浜New Side Beach‼︎

10/30 KAMIJO ハロウィンLIVE@新横浜New Side Beach‼︎

に参戦してきました〜〜!

当日普通に仕事だったんですが、ど〜〜しても行きたくてPM半休を取得(笑)

 
だってさ〜〜KAMIJO LIVE8月ぶりじゃないですか〜〜これ逃したら次12月なんですよ〜〜〜
(※個人的な都合です)
しんよこはま、地味に遠かった。はい。
 

生贄ちゃんを誘ってみたのですが予定が合わず撃沈したので、おひとり参戦になりました。生贄チケットだと1人分の料金で2人観戦できるって凄いですよね。しかもチェキ付きですよ。「KAMIJO布教」に協力できなくて申し訳ない…笑

 

今回、またまた個人的な都合なんですが7連勤の真っ只中だったので、後ろの方で地味〜〜〜に観戦。する予定だったので整番無視で遅めに行ったんですが、まだまだ全然入ってなくて結局かなり待ちました。FCライブは1人ずつ身分確認するから時間かかりますね。

 

開演前、いつもと違う若干ハロウィンっぽいSEが流れてました。

私なんやかんやでNEW SIDE BEACH初めてだったんですけど思ったより縦長なんですよね!後ろの方でいいやとか思ってたけど後ろだと遠い!し、ステージあんまり高くない!見えな!これマジか!と思ったけど前に行く元気が無く結局この辺でした。

f:id:frostxmoon:20151031231422p:plain   

 
(見やすさで言ったらキネマの方がいいな…)
 

1 . Death Parade
2 . Moulin Rouge
3 . 冬東京
ーVive le Roiー
4 . MASQUERADE
5 . 月夜の歌劇
6 . Presto
7. Sacrifice of Allegro
8 . Royal Tercet
9 . Louis -艶血のラヴィアンローズ-
10 . Shout & Bites
11 . Vampire
12 . オペラ座の怪人
13 . The Love from a Dead Orchestra
14 . Dying-Table
15 . Aristocrat’s Symphony
16 . BASTILLE
17 . 片手に夢を持つ少女
18 . Moulin Rouge(急遽追加)
19 . Ascendead Master(急遽追加) 

■サポートメンバー

Gu.Meku
Gu.DAISHI
Ba.時雨
Dr.MAOKI

 

 

 

■01. DEATH PARADE

入場SE用に若干イントロ長め。この曲実は結構好きだから嬉しい!

チープな重厚感・リズミカルな厳格感があって全体的なチグハグさが好き。ハロウィンにも合ってる。

なーんて思っていたら!!

 

メンバー登場!!

 

ぺ、ペンギン?!!

 

FC会員は全員Rose Croixサイトを見よ。ってもう見てますよねTwitterにもUPされてましたし

 

 

なんで??!!神による奇行!初っ端から!!!

 
楽器隊はわりと控えめなペンギンちゃん着ぐるみだったんですが、
神はなんか、その、あれ、

 

耳ついてる。

うさぎ…?

グレーのうさぎ…?  (?)

f:id:frostxmoon:20151031231625j:plain

 
あと、くちばしが最早くちばしじゃない。なんか黄色い円錐だった。

 

遠くてよく見えなかったけどとにかくツッコミどころが満載だったことはわかりました(笑)
でも、ファーストインパクトを乗り越えたら、だんだん可愛く見えてしょうがない現象…
動きもカクカクしててよちよちしてて
とにかく可愛かったのです…。妙齢のヴィジュアル系耽美派メンズに言う言葉じゃないけど、もう、本当に可愛くて可愛くてキュンキュンが止まらなくてなんだこの人は本当に何がしたいの
 
はい。デスパレ特有の敬礼みたいな振りや行進もカクカクしててちょう可愛かったんです。

 

そしてメク君の髪色が茶色になっていた!
メンバー全員ハロウィンっぽいメイクをしていたんですが、メク君のヘアメイクが全体的に好みすぎて。神を見つつチラチラ見ちゃいました。
鼻筋が長くて頬骨と顎が骨っぽい人好きなんだ〜〜
この話はまた後にしよう

愉快なハロウィンの夜でしたありがとう^_^ pic.twitter.com/2irmxel4DD

Versailles KAMIJO (@KamijoOfficial) 2015, 10月 30

 

 

 

喉の調子はまだ序盤だしアレでしたかね。温まりきってなかった様子。
衣裳に気を取られていたのでそれほど気になりませんでしたけど(笑)

 

 

■02. Moulin Rouge

ノリノリでムーラン!「Gao!!☆」みたいなシャウト?の所でうさ耳ペンギンのフードを取るお神。

わぁぁぁぁぁああああああああああぁぁぁぁあああああああああ

髪の毛のボリュームが!!!いつもより!!!!小さい!!!!!

フードGood Job!!!!

いつものこんな盛りっ盛りのラーメン、メデューサブロンズ巻き髪じゃなく、

f:id:frostxmoon:20151031232640j:plain

 
程よいウェーブのひし形シルエットになっていた!
あああ私コッチのほうが好き〜〜〜〜〜!!!!
メイクもなんとなくですが薄めだったような気がしました。気のせいかもしれない。
あとやっぱ痩せた気がするのよ。ライブ行く前にSymphony〜のPVを見たんですけど、あの頃は結構頬周りがふっくらしてて。今日見たらやっぱりシュッと感が冴えてた。好きだ……
 
ムーランやるときの御神はとても楽しそう!「ステッキ振り回しながら鼻歌歌ってたらできた曲」とか言ってるくらいだから相当ノリノリで作ったんだろうなぁ
 神が楽しそうなら私も楽しい。これ前も言った気がする。。
 
 
■03. 冬東京
いや〜〜〜ん好きな曲3連チャンじゃなぁ〜〜〜い!!
相変わらず動きがペンギンちっくなカクカクなので
ワイパー方式腕振りもカクカクしててかわいかった……
この曲は妙な中毒性があるから音源でも何度でも聴きたくなるしライブで聴いても楽しいからすごい。歌謡曲あなどれないですね。
 
■<SE>(←新曲かな?)→Vive le Roi
ここでメンバーが一旦ハケて、聴いたことないSEが流れる。
もしかしたら来年の新章に向けてのアレかもしれない?って感じのSEでした。来年あたり音源化されるのかな〜
で、Vive le Roi!これ聴くと「あ〜〜始まる〜〜!」って感じがしますね。
そしてお色直しをしたメンバー登場!
楽器隊はいつもの。
 
で、お神。
 

f:id:frostxmoon:20151031234208j:plain

 

な、なんじゃ〜〜〜〜〜!!!

ラレーヌを彷彿とさせるどデカいハットに、フリフリ白ブラウス+黒地金ブレード&スパンコールのベスト、+黒マント着用といった出で立ち。

首元がけっこうざっくり開いてて素敵〜〜この人はやっぱり首元を見せるべき。

 

■04. MASQUERADE
この曲いつも終盤だから4曲目でマスカレードって結構早いな!って感じがしました(°▽°)

(8/2のFCライブでも3曲めでやってたから、FCの時は早めにやっちゃう戦法なのかしら)
序盤に持ってくると凄くゴージャスな感じがする。んん〜、好き!
今日お初のBa.時雨さんもバリバリでした。この曲ベースかっこいい。
その後のメク君ギターソロ、若干アレンジしてた気がする。サポート歴もだいぶ長くなってきてオリジナリティーぶっこんできたかな?その調子だ!とか勝手に解釈してました。
2サビに入る直前、お神から例のアレ、『回って!』の無茶振りいただきました〜〜〜〜
だからさ〜〜〜〜
無理だよ!!!!!笑
詰め詰めじゃないにしてもその場であのスピードで1回転出来るほど余裕ないよ!!笑
そんな状況でも回ってる強者もいましたが。


■MC
ボンジュール!やっぱり「ようこそ!」しか言わなかった。我が国へはもう言わないのかなぁ。
生贄ちゃん達への挨拶的な内容でちょっと喋り、次の曲振り。例の如くやや無理やりな繋げ方でしたが(笑)
『君たちに似合うのは、こんな(ライブハウスの)照明じゃなくて、そう、月の明かりですよね。ということで月に関わる曲を聴いてください』

 

■05. 月夜の歌劇
私この曲知りませんでした…申し訳ない。会場が一瞬沸いたのでLAREINEかな?ということは察しました
あとでYou Tubeで観たのですが、やっぱLAREINE良いですね〜〜〜〜〜〜〜〜あの時代にV系界を知らなかったことを大変後悔しております。。リアルタイムで聴きたかった&観たかった曲ばかりです。

 

自分用に貼っとこ。

www.youtube.com

はい。

 

 

■06. Presto
こんな中盤にプレスト聴くのも新鮮だな!
フルヴァンパイアボイスで歌い上げてくれました。もう既に6曲目だけど、この曲を聴くとつい1曲目だと錯覚してしまいます。それほど強烈に私の中でこの曲は『始まりの曲』なんだろうなぁ〜
拳あり、折り畳みあり、シャウト(?掛け声?)あり、手扇子あり、何気に観客の方も盛りだくさんですよね。今回(私が後方にいたせいもあると思うけど)あんまやってる人いなかったけどね。

 

■07. Sacrifice of Allegro

続けてsacrifice。
なんか途中で衣装トラブルがあったっぽい。間奏のたびにステージ後方に下がってスタッフに直してもらおうとするも上手くいかず、結局一旦脱いだ。
あのすんごいハットにブラウスってなかなかアンバランスで面白かった(笑)
『暑〜〜い』みたいに襟元をパタパタしてたのがなんか妙に色っぽくてだな……
いやほんと何回も言うけど今日の神は色気がすごかったの。
私的にはマントない方が色っぽくて好きだったけど、衣装が直ったらしくまたスタッフさんに着せられてました。あ〜〜ん、、。

■08. Royal Tercet
相変わらずゆらゆら揺れてましたね。
なんか喉の調子が良くなったように感じました。
『悲しいから 笑っていた 嬉しいから 泣いていた』のところ、以前聴いた時より叙情的で良かった。
震える感じ?語彙が足らねえ。


■09. Louis〜艶血のラヴィアンローズ
シンフォニー〜〜の3曲からルイに繋がるのはもう鉄板だね。プレスト始まった時点で大体予測出来た。
Royal Tercetから引き続き喉の調子良好。ラヴィ〜〜↑ア〜〜ン ロ〜〜〜〜↑↑も冴え渡ってましたよ〜〜〜

 

■<MC>

今回のペンギンコスの由来の話。
『みんな、僕の好きな動物といえば、シロクマだと思っていたでしょう。昔からよく、KAMIJOは歩き方がペンギンに似てると言われていました。膝が曲がってないのかな…?』

突然ステージから落ちかける神。
『おっと危ねえ落ちるところだった。…ペンギンは滑ります』 ←なんかボケてきた

『折角なので、ペンギンについて調べてみました。そしたら、ペンギンのことが好きになってしまいました。
そしたら……ペンギンになってしまいました』

だんだん迷走していく話。
『(いざ出来上がった衣装を)被ってみたら、あれっ……氣志團の頭に見えました…。ちょっと下がってきちゃったみたいな…』

『これじゃまずいと思って、耳を付けました。』 ←すでに迷子

『方向性が合ってるのかはわからない…でも、もうちょっと話が進んでから決めようと思い、とりあえず耳はそのまま、つけたままにしておきました』


だいぶ迷走してきた。

『このままでは僕っぽくない。いや、KAMIJOはペンギンっぽいからいいんです…』 ←んん?
『このままでは、ヴァンパイアっぽくない、そう思って、牙を付けてみました。
申し訳なさげな、小さな牙を、何故なら僕の美しい顔が隠れてしまうからです……』 
突然ナルシスト発言

『いざ鏡を見てみると、………アザラシにしか見えませんでした…。』

ちょっと待てよ、アザラシにうさ耳はないぞ…?
さらに言うなら、牙があるのはセイウチでは…?!

『こうして、KAMIJOペンギン、いやKAMIJOアザラシは、ステージに立ったのでした』


なんだこの話!

『こういう話をしたあとにみんなを放置する時間が好きなんだ』

自覚ありだった。


『こういうときね、ダイシはいっつもニコニコニコニコしててね…(笑) メクは後ろ向いて実は笑ってたりして。そんなメンバーの反応を実は見逃してないんじゃないのかお前たち?』

なんか日本語間違えてた。笑

おそらくここは『(僕の方ばっかり見ててメンバーの表情を)見逃しているんじゃないのか?』と言いたかったはず。笑

 

■10. Shout & Bites

やっぱりシャウトやるよね〜〜〜〜〜

この曲の折り畳みとか逆ダイとかほんとうに大好きなんですけど、もれなく首が逝ってしまうので、、(明日からハードワークという大変個人的な理由により)今回は後方で大人しくさせていただきました。。
前回もそうだったんですけどやっぱり神は『♪Shout & Bites!』で上に跳ばせたがるんですよね〜
ここはどうしても、前に倒れこみたくなってしまうので…跳んでる人あんまいなかったかな…笑
何度聴いてもライブ映えする曲でした。

 

■11. Vampire
シャウトからのヴァンパイアもなかなかに鉄板な流れ。
前回、Shinyaさんのデーーハーーードヤドヤ☆ハイスピードドラミングを聴いている分、maoki君はとぉっても大人しく見えました…笑
おさない・とばさない・はしらない!
みんなちがってみんないい。
メク君だったと思うんですが、ギターソロちょっとアレンジしてた?

 

■12. The Phantom of the Opera(日本語バージョン)

www.youtube.com

に、似合う〜〜〜〜〜
今日の衣装(LAREINE風ハットに白ブラウスに〜略)に合ってる。
(欲を言うなら、髪もLAREINE風に金髪ロングカールにしちゃえばよかったのにな〜〜。その方が衣装と合いそう。)

最後の女声パート、「どうしちゃったの?!」と心配になるほど
盛大な裏声裏声裏声!!!
ラヴィ〜〜〜アン ロ〜〜〜〜〜〜〜とは比べ物にならないくらい長い間裏声でした(笑)


■13. The Love from a Dead Orchestra
エッ、、ええええ〜〜〜〜〜〜〜!!!
えっちょ、エッッッ、めっちゃくちゃ久々じゃないですか??!!?!
(って思ったら、先日の台湾でもやっていた)
私ひとりで勝手にめっちゃくちゃウワ〜〜〜〜ってなってたんですけど会場全然ワッとならなかったので「あるぇ?!」となりつつ
あ〜〜、ほんと、懐かしみがやばいです
8分超えの曲ってあんまりライブでやらないので(God Palaceとかゴッドパレスとかゴッパレとか)

すっごく長く感じました〜しあわせ〜

NOBLEツアーを思い出しました。何度も言うけど、懐かしみがやばい!
KAMIJO楽曲特有の「これで終わり…と見せかけて…あっまだある!長っ!」現象
 初めて聴いた生贄さんは絶対そう思ったはず(笑)
 
あ〜こんなこと書いてたらますますGod Palaceが聴きたくなりました…
KAMIJOサン……だいじょうぶ、8分超えのデッドオーケストラ出来るなら、10分超えもイケますよ…お願い……(拝む)
全然関係ないですけど、最近iPodシャッフル再生してたらゴッパレ再生率が異常なんですけどこれ偶然?ものっすごい確率でゴッパレくるのよ…嬉しいんだけどね
 
■15. Dying Table
ここでか?!デッドオーケストラの余韻に浸る間もなくヴァンパイアきた〜〜
この曲はKAMIJO曲の中でもノリ曲だと思うんですけど、今回はあんまり…だったかな〜。私が後ろにいたせいかなぁ。
 
■16. Aristcrat's Symphony
うわあああああああああああああああ!!!!!!
アリストきたあああああああ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!
泣きそう、泣きそうだった!!ていうか半泣きだった!!
わたしはこれが聴けただけでも今日来た甲斐がある…と思いました
それくらいずっと聴きたかった曲なのです…
気高い…本当にこの曲は気高いです…神曲です…
って打とうとしたら「髪曲」ってなったぞお前ふざけるな神曲だよ!!!
ギターソロも良かった〜〜!!ああもう……感激…。
 
この曲のイントロからPrestoのAメロに入っても違和感ないよな〜とかちょっと思いました
 
と、ここで本編終了。
ほあ〜〜〜アリストで終わった〜〜〜
ああもう、いい、わたしここで帰る……(帰らないけど)
 
 
心なしかいつもより長い「Vive le Roi!」のあと、メンバー再登場。
 
■<MC>
例の帽子とマントを脱いだ状態でKAMIJO登場。
『あ〜、やっと脱げた…。想像以上に、髪の毛ってぺったんこになるんですね…一応直したんだけど…どう?』
確かにくるくるにはなってたけど、いつもみたいにボリューミーではなかったかも。
けどさっきのフードでつぶれたひし形シルエットヘアーが良すぎてさぁ!あれもう一回見たい…

革パン(?)に白ブラウスって、なんとなくノードオブスケルツォの頃を彷彿とさせる。

www.youtube.com

いつものかっちりジャケットもよいけど、こういう割とラフな衣装、私はすごく好きです。。

メイクが薄め(に見えた)なのも、若干痩せた(ように見えた)のも相まって
ものっすごい色気がありましてですね…どうしたんだ今日のお神は…!

そういえば今日、日本語が若干危ういよな…→ハッ、熱があるのでは?!!

などといらん心配をしてしまいました。

今日は生贄ちゃんが来ている為か、MCがいつも以上に丁寧な喋り口調でした。
私この人の喋り声も大好きなのです。いい声でした…。
まぁ、内容はいつも通り薄ら笑いを誘うような感じでしたけど…笑

『日常の中で、みんなどこかで叫んでいるはずです。今日は此処を、叫ぶ場所にして下さい…』

とかなんとか…。ぜったいわかんねーからコレ…

 

■EN 16. BASTILLE

バスティーユの振りか!!ああそういえばまだやってなかったのか。
今日は近衛隊がいないから、あの騎馬戦もどきで吹き出す心配はありませんでした(笑

この曲でもやっぱり『Destroy the Bastilles!』「跳べ!!」って言ってましたけど、ん〜〜〜〜やっぱここでは跳びにくいんだよ〜〜〜〜〜前下方に転がり込みたいんだよ〜〜〜〜〜と思いつつ会場を観察してみましたけどやっぱり跳んでる人は少なかったですね。
楽しいからいっか。

 

■EN 17. 片手に夢を持つ少女

あ〜。ああ。(久々に聴いたな)
今回油断してっていうか完全に忘れててタオル持ってくるの忘れた。
7/20のキネマで聴いたときは高音がヤバくてア〜〜〜〜ッ!!って感じだったんですけど、今回はそんなでもなかった気が。

 

 

END SEが流れる中、メンバー紹介。
MAOKI君のとき『近くで見るとこわいね…!あっメイクメイク!』と言っていたのが印象的でした。
あとメンバー全員とハグしていたのですが、メク君のときだけハイタッチとハグがごちゃまぜになってゴチャついてたのが可愛かった(笑)

そして、

『FC会員も、そして生贄も、ここにいる全員、…仲間だ〜〜!!』
という「?」な締め。
それ青春映画やん!V系とちゃうやん!耽美派なんてもってのほかなやつやん!!
しかも「仲間だ」の直前一瞬間空いたやん!考えたやん!考えた上で仲間かよ!
…と、突っ込みどころはモノッスゴイ感じでしたが、

とにもかくにも、
無事おわ……
らなかった。

 

突然、

『…まよ〜なかの羊〜飼い〜〜』

と、ごく控えめな感じで歌い出す神。
客側も「?アハハw」みたいな感じだったのですが再度

『♪まよ〜なかの羊〜飼い〜〜』←さっきより音量大

「?! いつか〜らかそうよば〜れた〜??」なに?!

『お前たち……笑』
『♪真夜中の羊飼い〜いつか〜らかそう呼ばれた〜』

メンバーに「やるぞ!」みたいなジェスチャーを送る神。まさか?!

『僕は ただのヴァンパイア 血が欲しいだけ』
(メンバー『エッ?』となりつつセッティング中)
『君の中入りたい 牙がそう言ってる…』


■EN 18. Moulin Rouge

まさかのムーラン2回目きた〜〜〜〜!!!

どんだけ好きなん!!いつぞやの埼玉もこんな感じだったのか
ノリノリだなぁKAMIJO〜〜〜〜!!!
そんなに好きならMoulin Rougeのヘアメで出てきてくれてもいいんですよ!(←唇フェチ)
私もこの曲結構好きだから密かにテンション上がりました。

 

曲終後、観客からまさかの「もう一回」コール!!
KAMIJO LIVEで「もう一回」って聴いたの初めてだ……
お神もこれは想定外だったらしく(そもそもムーラン2回目自体が予定になかった)
声ひっくり返りながら
『Reary?!…どうしよう(笑)』
本気で想定外だった模様。

『じゃあここ(セトリ)にないやつで……』

やるんかい!!!笑

メンバーとステージ上(丸見え)で相談し始める神。
その後上手袖にいるスタッフさんともガチ相談を始める。
突然客席に向かって手を伸ばしながら
『こっち方面とコッチ方面、どっちがいい?こっち?こっちね?』
などとやっている間に粛々と進められるガチ相談に置いていかれて
『あっちょっと僕も混ぜてくれよ』と戻っていく神。かわいい


相談が終わったらしく

『また選んだメンバーも自分の首を絞めるようなやつをね……』
なんだ?なんだろ、今期よくやってたやつで難しめの曲?
『本当に特別だからね!』
と念を押す神。なんだ、なにをやるんだ…!

 

チャラ〜ラ チャラ〜ラ チャラ〜ラ チャラ〜ララ〜〜ラ〜〜〜〜

■EN 19. ASCENDEAD MASTR

あ、アセンデッドきた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!
いやほんと特別やなまじでか
アリストのオリジナルバージョンとデッドオーケストラとアセンデッド全部聴けるってなに?!いみわかんない!!
振り付けも冴え渡ってた〜〜ピカキラリン☆(どうしても『噛み付いてあ〜げる』がピカキラリン☆に見える)
ギターソロは相変わらずメク君。かんぺき。
というか前より上手くなっている気がしました!おてるパート本当好き。

 

  

はあ〜〜〜以上です!

良かった、楽しかった〜。思ったより遠くてあんまり見えなかったけど十分楽しかったです。2ヶ月ぶりだったからね。

物販で5000円以上買ったらKAMIJOと写真撮れるよ&お菓子あげるよ のイベントがあったのですが、これはまたの機会に…ということでそそくさと帰ってまいりました。
(”ポーズ指定可”っていうのが素晴らしいと思いました。。私だったら絶対、民衆見下し顏をリクエストします…笑)

 

セットリストはほぼほぼVersailles曲とソロ曲で構成、+月夜の歌劇とオペラ座の怪人。けっこう好きなセトリでした!(あと冬東京)
欲を言えば、ぢゅって〜むで〜すが聴きたかったな〜!といったところ。

”Rose Croix Remited”と言っているのに「Rose Croix」はやらなかったですね。
Royal Bloodもやらなかったところから見ると今回のライブはあくまでもハロウィンライブであってKAMIJO WORLD TOURとは別物なんやで ってことでしょうか わかんね どっちでもいいけど

仕事半休してでも新横浜まで来た価値はありました、ありがとうKAMIJOサマ(≧∇≦)

 

次は12月の「もしクワ」です!

窓から林檎に乗り換えて半年経ったので使用感を書いてみる

物心ついて以来「パソコンといえばWindows」だった私ですが、デジタル生活12年目の今年の4月、ついにiMacを購入いたしました。

 
んでしかも

「どうせ買うなら一番すごいやつにしよう!」


と張り切って購入いたしましたのがこいつ。


f:id:frostxmoon:20151013230842p:plain


iMac Retina 5Kディスプレイモデル

量販店で買って、初期設定やら保険やらいろいろオプションをつけたので
しめて約30万………わぉ!!

これは使い倒さねばならんね!!


というわけでMac生活が始まりました。



最近のネイルまとめ。

ここ最近のネイルまとめ。

 

 

f:id:frostxmoon:20151003195745j:image

ALL 100均!!

当然のことながら持ちが最悪でして、

この状態を保ったのはわずか1日でしたとさ。

 花みたいなやつは、ピンクのポリッシュで花の土台を描いてから中心に黒と白を点々っと置いて、爪楊枝で四方に伸ばしただけです。

 

 

f:id:frostxmoon:20151003195803j:imagef:id:frostxmoon:20151003195827j:image

NAIL HOLIC 初トライ。安価だからあんまり期待してなかったけど良かった。トップコートなしでもすごい持つ。

色はBL906、ラメパール一切なしのちゅるんとしたネイビー。

薬指にはNicole by O.P.INI 437を乗せてます。これがすっごい綺麗なんですよ!いろんな色に光るの。

続きを読む

Dハロ衣装作ってみた

製作記ではない。

普段やらないことをやったから記録しとこ!的なやつです。

 

 

去年から、会社の同期たちに誘われるがまま

ディズニーハロウィン仮装で乗り込むというイベントに参加しております。

去年は「ノートルダムの鐘」のエスメラルダだったんですが、

f:id:frostxmoon:20150924085513j:image

 

 

今年はディズニーハーベストの魔女さんになりました!

f:id:frostxmoon:20150924085523j:image

 

 

(お、同じ角度…!!)

 

 

続きを読む