読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shimo/log

2次や1次の創作もの、無作為にレポや感想を書き散らしたりします。KAMIJOさんがすきです。

本:容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 (文春文庫) 容疑者Xの献身 (文春文庫)
(2008/08/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る

[★★★★★]

 

ドラマや映画にもなった「ガリレオ」シリーズの長編です。

秘かに思いを寄せる隣人 靖子が、元旦那である男を殺してしまったという事実を知った 石神。彼は、靖子とその娘を守るため、完全犯罪を企てる。天才的な数学者である石神が立てた計画に、警察は思うように捜査が進まなかった。

しかし皮肉にも、石神のかつての親友である湯川学が、この事件の謎に挑むことになる。 サスペンスかと思いきや、実はミステリーだった!

 

みたいな感じでした。最後の最後に、事件の真相が明らかになった時、

ウソダロ/(^p^)\!!! と思う事間違いなしです。

湯川先生の脳はどーなってんだ。何故わかったし。 怒涛の勢いで読み終え、その勢いで去年の12月にTV放送された映画版を見たんですが、面白かったです。

小説を映像化するので、細かい描写や設定、人物の行動などは省かれていたんですが、わかりやすかった。内海さんは小説には居ないオリジナルの人物なので、「草薙・岸谷」の行動部分を「内海・草薙」にうまく置き換えてありました。

そして何より、こんな物語を書ける東野圭吾さんは一体何者だよって思いましたww

だって、トリックや各人物の考え方なども全部、東野さんが考えたわけでしょ?すごすぎますね。作家って何。