読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shimo/log

2次や1次の創作もの、無作為にレポや感想を書き散らしたりします。KAMIJOさんがすきです。

本:夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

[★★★★★]

 

「黒髪の乙女」と、彼女に想いを寄せる「先輩」の、春・夏・秋・冬それぞれのポップでキュートな物語。

大っ好きな小説です!今のところ一番かもしれない。

四畳半神話大系」と同じく、森見登美彦さん著。←の作品にも登場した、"自称:天狗"年中浴衣を着ている謎の男「樋口君」と、大酒飲みの美女「羽貫さん」も出てきます。 とにかく、先輩を応援したくなりますv

そして黒髪の乙女の可愛らしさにドキュン。そして、森見さん独特の言葉遊びというか文体というか…が私のツボをとっても突いてくるのです。くだらない内容を真面目腐った文体にしているというか、なんというか…妙に面白くて。

私は第三章(秋)の文化祭のお話が好きです。「御都合主義者かく語りき」。

くだらない事に精を出してる登場人物たちが面白くて愛しくてしゃあないですw 私は「恥を知れ。しかるのち死ね。」という先輩の言葉に思わず吹きました←

「樋口君」に何故か惹かれるのは私だけじゃないはず…!