読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shimo/log

2次や1次の創作もの、何か気になったもののレポなど。KAMIJOさんがすきです。

7/18 KAMIJO生誕祭『Rose Fes』@東京キネマ倶楽部&新世紀

Music repo V&K&L
7月18日、KAMIJO先生のお誕生日会改め『Rose Fes』に参加してきました!
 
はい、3ヶ月半遅れ!!今更ながらまとめました。そして10時間に及ぶ過密スケジュール故にレポも驚きの長さになりました。
 

開催直前まで、”Fes”ってどういうこと…?どういうスケジュール?何をするのか?!とワクワクドキドキ楽しみにしておりました。

タイムテーブルに沿ってまた色々感想を書いていこうと思います( ´ ▽ ` )ノ
参戦した部分に黄緑色の印をしました。
 
(当日、これと同じペラ紙が配られたんですが、まぁ瞬殺で失くしましたよね。)
 
 
 

f:id:frostxmoon:20160926230655j:plain

 

『キネマステージ』と『新世紀ステージ』に分かれており、タイムテーブルに沿って、見たいステージに自由に移動できる、という感じでした。最初はキネマステージだけのスタートです。


トップバッターのKASSTRICK BACTERIAさん(すみません、存じ上げませんでした;)

KASSTRICK BACTERIA OfficialWebsite

『日本のインダストリアル ショック ロックバンド』というコンセプトで活動されていて、ヨーロッパ遠征なんかもやられてるみたいですね。
とにかくギターのAiraさんが超かわいかったです。頭ブン回しながらめっちゃ飛び跳ねててすごい。最後に『Twitterフォローしてね♡』って可愛く言い残して去って行きました(笑)

 

 

↑これやってた気がするんですけど、違ったらスミマセン!
激しいんだけど、全然耳障りな感じはなくて、普段こういう系聴きなれてなくてもすっと入ってきましたよ♪

●RHEDORIC

もはやKAMIJOソロに欠かせないメンバーであるBa,時雨さんが在籍しているバンドさん。

vestimitation.com

 楽曲は存じ上げませんでしたが、ヴィジュアルに反して結構激しめだったような。
見た目はカジュアル爽やか系のお兄さんだったんですけど、かなりアツいステージでしたね。
あのKAMIJOソロの衣装で見慣れていたので、ラフな衣装に黒縁眼鏡の時雨さんが見られて新鮮でした!かっこいい!!

ここで一旦、第二の会場である『新世紀』に移動しました。 

▼新世紀ステージはこんな感じ


いつもライブを行っている『東京キネマ倶楽部』の 下にあるダンスホール。普段は社交ダンス等大人の社交場になっているらしい。
(5階のキネマ倶楽部から2階の新世紀入り口まで、実質3階分を階段で行ったり来たりすることになるので、ぶっちゃけ超しんどかったです!笑)


キネマ倶楽部もかなりレトロで素敵な会場なんですけど、新世紀もこれまた凄かった。

 

f:id:frostxmoon:20160928004317j:plain

Googleマップに掲載されていた画像を、見た目のイメージに近づくよう修正してみました。

こんな感じで、まるで星のような照明が天井一面に施してあり、これがもう、めちゃめちゃきれいだったんです!
しかも、向かって左側の壁が赤っぽい鏡張り(?)(ツヤのある壁?)になっていて、天井の光がうまいこと反射して、なんとも言えない良い色味に見えるんです。このフロア、本当素敵だった〜

ステージはやや狭め、上手側には一段上がったバルコニーステージみたいな部分がありますが、(今日は使わないようで譜面台がガッサー!と置かれまくっていました。笑)ダンスホールというだけあって、やっぱりフロアがメインの造りでしたね。

 

新世紀で行われるプログラムは、内容によってステージを使ったりフロアを使ったりしていたので、観客は床に直座りまたはステージ前でスタンド、という体制でした。

 

 

YUKI&DAISHI ダンス披露 @新世紀(フロア)

本日の変わり種その1。イケメン二人によるダンス披露。フロアでのプログラムだったので、我々は床に体育座りで待機でした(笑)この時、新世紀の2階席?にKAMIJO氏の姿があったとかなかったとか。私が見た、颯爽と黒い衣装で歩く横姿は本当にKAMIJO氏だったのか…?
上手側には司会の方がいらっしゃいまして、フェスの一部というよりはなんかちゃんとした「パーフォーマンス」っていう言い方の方が合っていましたね!
お二人の衣装は、黒シャツに黒ボトムス。いつもの派手な衣装とはガラッと雰囲気が変わって、大人っぽさが際立っておりとてもお似合いでした!!特にYUKI兄はあのキリッとした端正な顔立ちが映えまくっていて超絶カッコイイなオイ!!って感じでした。
新世紀の女性ダンサー、アヤコさん・イズミさんとそれぞれペアになり、(あれはなんていうジャンルなんだろう…社交ダンスでもないしな……)ゆったりとした曲に合わせてダンスを披露。
時間的には短かったんですけど、新鮮な一面が見られておもしろかったです!
その後司会の方とちょっとだけトーク。ダンス経験がなかったので楽しかったです、というようなコメントでした。

 

 

●DEATH METARU @キネマステージ

我らがVersailles TERUくんの率いるメタルバンド。Ba.はCROSS VEINのShoyoさん、Vo.はチセイ君。(Dr.の方わからなかった、、ゴメンナサイ。)
ゴリゴリ過ぎて完全に未知の世界の為、なんかよくわからないまま手を上げてたりしてた。だって昨日KAMIJO氏に”おてるの面子の為に盛り上がってね”って言われたんだもの。ドクロマークだったり、黒いマスクだったり、タンクトップだったり、初心者にもわかりやすい『デスメタル』な感じの衣装。チセイ氏の二の腕がただひたすら気になった…。でも歌はうまい!いつもお神の横でデスボやってるだけある。逆か、デスボが凄いからステージに上がってもらってるってお神が言ってたね。
TERU君が事前にTwitterで「立ち位置は久々に上手」と言っていたのを完全に忘れ、下手待機してしまったことがちょっと間違えたポイント。下手から見るTERU君も十分可愛かったけどね。本当にほっっそくて…!髪型はポニーテール式じゃなくてヤン毛式でした。どっちも好きだけどヤン毛いいね。TERU君の衣装は普通の黒シャツにみえました。TERU君こそ細くてスタイルいいから腕出しても良かったのに〜。
 
 
 
●KAMIJO PARADE
 
を、待機するも、時間になっても一向に何も始まらず…?
そうこうしているうちに次のDEZOLVEさんのステージが始まったため「?!?!?」と何だかよくわからないまま新世紀へ移動。(DEZOLVEさん、申し訳ない;)
 
が、結局KAMIJO PARADEは「悪天候」により中止になったとのこと。おい!室内なのに”悪天候”とはなんぞや…?ならもうちょっとDEZOLVEさん見ときたかったな~!まおきくんが喋ってたらしいじゃないですか……私も喋るMAOKI氏見たかったです……( ´ л ` )
 
 
●MACHI&Kayaダン @新世紀(フロア)

其々が女性役(まぁそりゃそうか)で、こちらは社交ダンスのスタンダード(男女がずっとペアになって踊るやつ)でした。お相手は、新世紀ダンサーの男性二人。
音楽は「オペラ座の怪人」。そういえば入場時新世紀を通りかかった時流れていたね。これだったんか!
Kaya様は白ドレス(マリーアントワネットドレスというらしい)に白金のストレートロングヘア。ほんとうに表情も豊かで動きも女性的で滑らか。途中スカートのすそを踏むというアクシデントもあったらしいですが、そんなに気になりませんでした。
MACHI様はGFに引き続き深紅のドレス。終始やや緊張されていた模様、表情がちょっとお硬かったかな。でもそれもキリッとクールビューティーなマチ様の美しさを引き立てていました。
その後Kaya様が捌け、MACHI様インタビュー。
ダンスはずっとやってみたいなと思っていたのでいい機会になりました。」とのこと。
 
 
 
Kayaステージ @新世紀ステージ

フロアからステージへ移動。
ヘアセットは先程のままで、お衣裳チェンジ。(マダムローザコルセットに黒ロングパニエ)

セットリストは、
Parfana(KAMIJO先生作曲の新曲)
Masquerade
TATTOO中森明菜
真夏の夜の夢松任谷由美
少女A(中森明菜
 
あの「アハハハ!」という高笑いも頂きました、最高。
例の新曲 Parfanaと、この間のワンマンでやらなかった曲を、ということでMasquerade。


Kayaで歌謡曲と言ったら、やっぱり中森明菜?」ということで、明菜さん曲を。ここからビッグバンドさんの生演奏が入りました。ビッグバンドさんがなかなか入ってこられないというプチトラブルがあったのですが、そのときのKaya様が「あれ?こないね、ふふっ笑」「あらどうしちゃったのかしら」みたいな感じで、可愛くって…。さすが。
余談ですが、わたくし小学生の頃からずっと吹奏楽をやっていたので、久々に聴く管楽器の音に懐かしー!!と大変感動しました(笑)
3曲目はTATOO。「82年、最高~。あたし生まれてないけど!」とおっしゃってましたがどこまでが本当でどこまでが冗談なのかはさておき、とってもお似合いですね。何を歌ってもサマになるけれど。(82年、と聞こえたのですが、TATTOOがリリースされたのは1988年ということなので、”80年代”って言ったのかも?)
続いて、真夏の夜の夢。ビッグバンドさんと曲の打ち合わせをする時に「(社交ダンスでも)ユーミンを演るときもあるんですよ」と言われたことから、今回ユーミン曲をセレクトしたそうです。こちらもとってもお似合い!本当、うまいわ~。少女Aもとても良かったです。Kaya様と明菜さんの曲って本当に相性いいのねー。生Kaya、とっても堪能させて頂きました。
 
 
●ビュッフェ
(会場ではブッフェとなっていましたがどうにもゾワッとするのでビュッフェと書かせて。笑)

Kaya様ステージの後、そのまま新世紀の方でお食事タイムをとらせて頂きました。
これね〜〜、絶対事前アナウンス必要だったっしょ案件No.1なんですけどォォ
というのも、おそらくビュッフェ付きチケットの人達、開場が12時ってことならランチ的な感じで出るのかな?と思ってた人多いと思うんですよね。私もそうなんですけど。ところが蓋を開けてみると「16時から」だったんですよ。つまりお昼抜き。腹ペコじゃい!!!死ぬ!!
 
それはさておき、内容はこんな感じ。普通にお食事を出される感じでした(自分で好きなもの取に行く形式ではない)
f:id:frostxmoon:20160926223554j:image
万人受けする感じのメニューで私は好きでした!温かかったらもっとよかったなー。
箸がとっ散らかったまま写真撮ってたことに今気づきました。はずかし。
 
そしてまた余談ですが、ビュッフェとバイキングの違いは何か?
ビュッフェは世界で共通する言葉で、好きなものをとってその分を清算する、という方式。
バイキングは和製英語で、日本にしか存在せず、いわゆる「食べ放題」ってやつ。

なので厳密に言うと今回のはビュッフェでもバイキングでもなく、ただの食事提供ですね。ほんと余談。
 
●KAMIJOステージ @新世紀ステージ
 
お腹も満ちたところで、満を持して我らがKAMIJOサマ。

Moulin Rouge
冬東京(改、夏東京。笑)

お衣裳はRoyal Blood。バンドなしのソロ。ビッグバンドの演奏でした(ややこしいな!)
ややシンプルでよりムーディにアレンジされたMoulin Rougeはギターソロが無い分間奏はちょっとさびしかった(お神も「そう今日はメク君達いないのよ」みたいな顔をしてました。笑)
けど、結構好きだった。生のブラスとの相性がバッチリ。
K「みんな知ってたか?キネマ倶楽部の下にこんな素敵な場所があることを。僕は一目見てここを気に入ってしまって、いつかこのステージで歌いたいと思っていたのですが、その夢が今日叶いました!」
K「Kaya君は歌謡曲のカバーを何曲かやったようだけど、僕の曲って実は最初から結構歌謡曲だったりして。このステージにピッタリな曲を1曲。今日はオリジナルメンバーもいるのに、全然オリジナルじゃない方々とちょっと新しい感じでやってみたいと思います、”夏東京”!」
 
はいキタコレ待ってましたーーー!!最高かよーーーー!!もうね、このステージに似合いすぎる。そしてまた生ブラスとの相性が最高なんです。ていうか私散々「冬東京聴きたい」って言いまくってた気がするんですが(あれっ言ってなかったっけ)このドンピシャな、ここぞというステージでやるためにとっておいたんでしょうか?!だとしたら完全なる予定調和。さすがKAMIJO先生である。
歌詞は若干アレンジして「夏の東京で咲いた花〜」になっていました。その次は普通に「粉雪〜と君の涙」だったから夏なのに粉雪かい!とツッコまざるを得ないけれどご愛嬌。ミラーボールがキラキラ光る会場で例のワイパー方式手振りが最高にマッチしてて気持ちよかったです。
 
Louis〜艶血のラヴィアンローズ〜のイントロが流れたため、3曲目か?と思いきや、ほぼ間髪入れずにお次の、
まさかの入り口を間違えての登場w(ステージ上手にバルコニーステージみたいなのがあるんですが、そっちから入ってこられましたwどうやら樋口君が間違えた模様。それすら笑いに変えてましたけどね!)
KAMIJO氏がルイ17世で、髭男爵の大柄な方が山田ルイ53世という、貴族つながりでの出演だったようです。
「8年前めっちゃ流行ったやつやで〜〜覚えてるかな〜〜〜?ルだよ〜〜ルから始まるよ〜〜〜恥かかせないでよ〜〜〜?」の振りのあと、お馴染みの「ルネッサーーン!」頂きました〜〜!確かにめっちゃ流行りましたよねーw
普段の客層は中年男性が多いとのことですが、今回は若い女性が多かったので、客いじりも面白かった。
「芸人はすぐ(お客さんと)目を合わせますからね。あれ?私いま男爵と目が合ってる気がするな〜と思ったら、目が合ってます。」ってのが面白かった(ダメだ文章にすると面白くねぇな)
ネタは3個ほどやって頂きました。お笑いのネタはそれこそ文章にしたらアカンやつだと思うので割愛します。
その後なんと、KAMIJO氏、降臨!!!いやーまさか。ボンジュールの掛け合いをする我々を見て「なんて訓練されたお客さんなんですか!」と一言。まあ、端から見たらそうですよね(笑)
この辺から、なんと写真&動画OK・ネットに上げてくれ!とのことで、すかさず携帯を取り出す我々。ここからの様子はYou Tubeにアップしてくださっていたのでこちらを参照( ´ ▽ ` )ノ

f:id:frostxmoon:20160926223843j:image
 f:id:frostxmoon:20160926223936j:image
KAMIJO氏、ほんと美形だ……(わかりきったことを言ってしまった)
 
●KAMIJOダン @新世紀(フロア)

実は密かに気になっていたこのコーナー。
前日のライブ(確かHarlem Night…?)で「明日は女性と踊るけど、ジェラシー燃やしすぎないでくれよ!」と言っていたので、社交ダンスかなと思っていたのですが、なんと女性が二人も出てきた。(新世紀のダンサーさん。おそらく?YUKI&DAISHIのお相手の方と同じ…?)
ちなみに衣装はSymphony of The Vampireの白い方。
真ん中に椅子が置いてあり、それに王者の如く座ったり優雅に立ち上がったり女性ダンサーをアシストしたり………え、まってこれはダンスなのか?!踊ってるのダンサーさんだけじゃん?!というツッコミはきっと誰もが抱いたことでしょうが、まぁよい。新鮮なものを見せていただきました。
なおダンスという点で言えば例のアリストダンスやHEARTの間奏の時の方が踊っています、KAMIJO氏(笑)
 
 
●Kelly Simonz's Bad Tribe @キネマステージ

こちらは去年の12月のもしクワvol.3(もしJOvol.1とも言う)でサポートギターをやってくださっていた、ケリーサイモンさん率いるバンド。Ba.はTim Miller氏、Dr.はCLOSS VEINのYosuke Yamada氏。
KAMIJOとは毛色は全然違うんですが、これがまた、かっこよくって!!!オジ様の余裕というか渋さというか深みというか、雰囲気もとってもかっこいいんですけど、ギターも本当にお上手で(私のような素人から見たらどなたも超うまいんですけど)
上手い下手云々以前に、とても好きだった。引き込まれる感じ。もっと聴いていたかった!

こちらもYou Tubeにアップされていたので貼っとこ。


www.youtube.com


こちらの曲ではないのですが、ケリーさん、ボーカルもされるんですね!
それがまたうまくて(真顔)かっけぇ…渋いぜ…。
しかも喋りも上手いんですよ。面白かった。
ちなみにベースのオジ様、ティムさんもめっちゃめちゃキュートなオジさまでしたよ。片言な日本語で「ウルサイナ!」って言ってたのがとても可愛かったですw
超個人的なことを言うと、ドラムのYosukeさんが非常に好きなタイプでした…/// 機会があったらまた書こうと思うんですけど、以前脳内で作り上げた耽美V盤のドラム担当と瓜二つすぎて目を疑った。マジかよ現実に存在したのか…?!みたいな…。うん、この話はまた今度にしよう
 
 
 
●薔薇の末裔(Versailles @キネマステージ

さていよいよ!!待ってました薔薇の末裔!!
6月25日のZeppで「次は舞浜アンフィシアターで!」的なことを散々聞かされた気がするんですが実はここでもVersaillesのステージがあったのです。ふふん。嬉しい誤算。衣装はこの間と同じです(たぶん。またもやKAMIJO氏しかちゃんと見ていなかった)
セトリはこちら。
The Red Carpet Day
zombie
Aristcrat's Symphony
 
レッカペー!!初っ端ーーー!!!いやいや飛ばすねぇ!!?(☆▽☆)
姫に絡むお神も見られましたよん。例のごとく黄色い歓声が。
ステージが(Zeppに比べると)小さいので、あの5人が立つとなんかもう、果汁濃縮して還元しませんこのまま飲めよ的な濃厚なジュースみたいな感じですね。サビでクルって回るとボリューム感がすごい。色々落下しそう。
逆ダイ部はやはり上に跳ばせる感じになっていましたね。半数以上は跳んでましたがちらほら簡易逆ダイをやっている方も。気持ちはすごくわかる。

SMC、『速攻でついてこい!』が面白かった。『待っている時間はない、温めている時間はない!これまでの6時間、充分に温まったよな?!それじゃTERU、お戯れの時間だ』

はい、zombie。やっぱりめっちゃお気に入りじゃないですかzombie!レッカペとアリストの間に挟み込んで来ましたよ!ゾンビのお耽美サンドて。なんかロックアップのメニューにありそうですけど

この辺に来ると観客の盛り上がりもかなり盛大になってきておりまして、TERU君のかわいかっこいいシャウトが全く聞こえないという事態に!全員で手叩いたりシャウトしたり、とっても楽しかったです。ゆるく激しく、そして楽しい。そう考えるとzombieって色々ちょうどいいのかもしれないですね。
 
『最高に美しい薔薇をお前たちの心に咲かせてやるぜ!』でラストAristcrat's Symphony
厳選3曲に入れてくれて圧倒的感謝!!すごく得した気分だわ。

たった3曲だったので、楽器隊&KAMIJO共に若干温まりきってなかったように感じた部分もあったんですけど(ギターのミス?とか、音程とか…)綺麗な血で染め上げて頂き、大変満足いたしました。
 
 
テツandトモ @キネマステージ
 
本日の”ある意味”変わり種、テツトモさん!『KAMIJOのボンジュール!ヴァンパイア』でも2週にわたってゲスト出演しており、えー!意外!と思ったのがなつかしい。KAMIJO氏とレコード会社(の、担当者さんも)一緒、ということでご縁が繋がった、とのことでしたね。
テツトモさんはキネマのメインステージではなく、下手側にあるバルコニーステージを使ってました。みんな左上を見上げる格好になり、やや『民衆』感が漂っていました(笑)

登場からバンバン他の芸人さんのパクリネタみたいなのをやっていて、それがまたウマくて面白かったですww お二人のあのよく通る声と騒がし面白い動きが実は結構好きだったりする。

ネタに関しては文章にしても面白さが伝わらないので割愛しますが、これは凄かったな。
アナ雪の「ありのままで」に合わせて、なんと、テツさんがマイクスタンドをアゴに乗せるというパフォーマンス!”アゴに乗せる”と聞くと、スタンドの部分を水平にした状態でバランスをとる感じかと思いきや、まさかの垂直乗せ!!
 
f:id:frostxmoon:20161004222127j:image
 
しかもよく見ると、三脚部分の1本を乗せている。類稀なるバランス力!!!

このシーンは写真OKだったのでバッチリ撮っておきましたよ!これはほんとすごい。さすが芸人さんだな〜
 
そしてこの後再びKAMIJO先生登場!!
お衣装は白のフリルブラウスで、赤のテツさん・青のトモさんに挟まれてトリコロールカラーになっていました。
その後、『なんでだろう』の振り付けをレクチャーするテツ氏。そしてレクチャーされるKAMIJO氏(&仔羊)。あの振り付けにはちゃんとしたやり方があるのです。照れ笑いを浮かべながらなんでだろうをやるKAMIJO氏があまりにも可愛くてだな……!!お察しください。

オリジナルネタ『KAMIJO様のなんでだろう』も披露してくださいました!
 
T『KAMIJO様は ヴァンパイアなのに 血液が苦手なの なんでだろ〜〜?』
K『…ちっちゃい頃よく鼻血を出していたからです…笑』

T『KAMIJO様は ヴァンパイアなのに にんにくが平気なの なんでだろ〜〜?』
K『最初はダメだったんですけど、だんだんだんだん好きになってしまいました〜。焦がしニンニク、最高です』

T『KAMIJO様は ワインを飲むとき 氷を入れるの なんでだろ〜〜?』
wwwww
K『……薄まるから…(笑)
wwwww

T『KAMIJO様は ヴァンパイアだから 200歳とか300歳だと思ってたら Wikipedianに誕生日が載ってたの なんでだろ〜〜?』
K『どういうことだよ誰が書いたんだよ!残念ながら僕は200歳越えでございます、嘘はやめなさい!』

T『KAMIJO様の誕生日は本当は明日なのに 今日誕生祭をやってるのは なんでだろう?』
K『今日祝日で…みなさん休みだからです…』
T『やさしーー!!!』
wwwww

やーーーーーーーかわいい。
血が苦手になった件、ボンパイアで言ってた理由と若干違ったのはまぁ置いといて、『ちっちゃい頃』って言ったのが最高でした。ちっちゃいころ。ちっちゃいころ!!ちっちゃい!!アアアアア
 
あと『薄まるから』発言。かち割りワイン的なメニューたまに居酒屋でありますけどね。にしてもKAMIJO様が言うとこんなに可愛いなんて……!!私も今度から氷入れよう。薄めて飲もう。

そのあと、テツトモさんの新曲『おんなじ空の下』をみんなで歌って終了。
私が密かにお気に入りの『泥の中の蛍』じゃなかったですね(笑)
 
 
●Princess & Queen 

待ってましたー!最強の女形セッションバンド Princess & Queen
登場BGMとして、以前MACHIさんが神ラジオで紹介していた、ミレーヌ・ファルメールアンシソワージュが流れていました。
にしても、KAMIJO氏を取り巻く女形さんたちだけでこんな見事に全パート固められるなんてすごいなぁ。。
Vo.Kaya
Gu.HIZAKI
Ba.EMIRU
Dr.MACHI
 
衣装は、姫とKaya様のツイッター参照。

 

 

ほんと、奇跡的な美しさっすね……。。
姫は新衣装でした!白ドレス、似合うっっ!!超かわいい。天使のようだ。
赤系二人、ピンクが一人だから、姫の白ドレスがとってもよかった。

 
au revoir
fiançailles
Shout & Bites
 
一曲目、MALICE MIZERau revoir。最初一体何が起こったのかわからなくてしばらくポカーンとしてしまったんですけど、間違いなく目の前でKaya様がマリスを歌っているよね?!au revoirだよね?!と気づいてファーーーーとなりました。ほんと、Kaya様が歌うと全部本人の持ち歌のように聴こえる謎。

MC。Kaya節全開。ごきげんよう!から始まり『アハハハハ!!』を挟み、メンバー紹介。『こちらの方(HIZAKI)はもうしょっちゅうご一緒するのでね、笑』と一旦飛ばされる姫。笑
続いてEMIRU。『かっわいい……この世のものとは思えないほどかわいい……』Kaya様もベタ惚れの様子。たしかにすんげぇかわいい。続いて『ご一緒できて嬉しいです、MACHIさん!』、そして『HIZAKI姫でございます!白い衣装がかわいい♡』

Kaya『何をやるか非常に迷ったんですけど……やめてーって怒られそうなんですけど……LAREINEの曲をやりたいと思います!ハハハハハハ!!だってダーリンのお誕生日ですもの!!』
 
ワーーーーーーー!!!
 
fiançailles!!これまた歌いこなすKaya様。ていうかHIZAKI姫がLAREINEやってる。。新鮮。。
なんだかふわふわして気分になりながら聴かせて頂きました。

Kaya『あとでKAMIJOさんいっぱい出てきてくれますからね!』
このセリフ、なんか聞き覚えあるなぁと思ったら、あれだ、去年のもしクワで長谷川さんが散々言ってたやつだ(笑)
Kaya『せっかくだからMACHI様、何かお話しになります?』とマイクを渡すカヤ様。

MACHI『素晴らしいセッションバンドに参加させていただきまして、ありがとうございます。本来ならね、ビュッフェ食べながら観客席で見たかったんですよ。ドラム叩いてる場合じゃない!笑』
Kaya『私も(観客席で)見たかったです!笑』
MACHI『でも、ドラムを叩かせて頂きまして、光栄です、ありがとうございます』

Kaya『さて。最後の曲になってしまいました。マリスミゼルさん、LAREINEさんときて、耽美といえば…Versailles!!歌っていいですかー!!』
Foooooooooo!!!!
Shout & Bites!!!!
先ほどのフィアンサーユとはまるで別人の歌声。ほんとに声を使い分けるお方だなぁ。すごい。ていうかマチ様とEMIRUさんがVersailles曲演ってるってすごい。そっちのなむしろありえないことではないか?!
奇跡のコラボでしたね。HIZAKI姫ありがとう。。(首謀者は姫らしい)
 
●Fluer

<SE> 白鳥 〜docile〜
Emeraude〜海に魅せられて〜
Fluer
再会の花
 
 
FluerことLAREINEでございます!
 いや〜〜こんなに早くまた観られるなんて。衣装は皆さん年末GFと同じで、KAMIJO氏は白フリルブラウスでした。そ、し、て、ギターを持ってる!!ということはEmeraudeじゃないですか!!実は大好きなこの曲。こんなところで聴けるとは思わなかったので思わずファーーッ!!と叫んじまいました。
マラカスをフリフリするEMIRU氏は大変かわいらしく、アコギを弾くMAYU氏は大変クールで、電子ドラム(?)を叩くMACHI様は大変優雅でした。

そしてなんといってもKAMIJO大先生!ギターを持っても素敵。カッコイイことこの上ない。音は鳴ってなかったように感じましたがこの際そんなことはどうでもよいでしょう。

K『・・・今日僕は何回ボンジュールって言ったんだろう…(笑)そろそろバージョン変えていこうかな。今日は女の子もたくさん来てくれていると思う。男の子もたくさん来てくれていると思うけど、今だけみんな、ハニーになってくれるかな?』
 
こ、これは・・・・・・!!!
 
K『ボンジュール ハ〜ニ〜??』
我『ハ〜イ ダ〜〜リ〜〜ン!』
K『ボンジュール ハ〜〜ニ〜〜???』
我『ハ〜イ ダ〜〜リ〜〜ン!!』

K『僕は昔もっと高い声で言っていたらしいけど、記憶にない!笑』
我『え〜〜〜〜?』
K『ボンジューーーハ〜ニ〜〜〜?!』←めちゃくちゃ甲高い声で
K『なんか違うな…いまのはどっちかっていうとLAメタルな感じですね』

ボンジュールハニー言ってくれた!!これやってみたかったんだ!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
 
K『改めましてFluerことLAREINEでございます。去年の年末のグランドフィナーレで一度復活しまして、もうしばらくはないだろうと思っていたところ、HIZAKI君の方から女形バンドでEMIRUさんとMACHIさんに出ていただけないかという話がありまして。そしたらこの二人なんとOKしちゃいまして!それじゃあ、ということでMAYUにも来てもらいました。』

K『LAREINEはファンの皆さんのことを、フランス語で花という意味の”Fluer”と呼んでいました。昨年のGFでは時間の都合で歌えなかったんですが、今日はみなさん一緒に歌っていただけますか?』

Fluer!うおーーーー
今のヴァンパイアボイスで披露するFluerはこれが初めてかな?大変レアである。
後半はみんなで大合唱。
そして最後は再会の花で締めくくりでした。
次はいつ会えるかわからないけれど、ということを言っていたので、明確な予定はないみたいだけど、のちの7月24日池袋インストでMAYUさんが新曲を書いたって言ってたし、”何か”あることを期待しております。
 
 
●KAMIJO Birthday Ceremony
 
 が、始まる前に、Be choirとのコラボレーションライブ「もしクワ」の告知ムービーが流れる。
なんと!もしクワ改め”もしJO”第二弾が決定!
前回はSOTVでのコラボでしたが、今度はHeart。くわしくはこちらで。

chateau-agency.com

 

その後テツトモさんと髭男爵さんが再登場し、この場のMC的なトークを。

観客のKAMIJOコールで、本日の主役KAMIJO氏も登場。相変わらずボンジュール。本当に何回言ったんだろう(笑)
そして今日の出演者もキネマステージに集結。あのステージに全員が揃うととてつもない圧迫感!もとい、迫力!!

HIZAKI姫がケーキを持って来たんですが、も〜〜めちゃくちゃかわいい。けど、ケーキが普通のサイズ(よりちょっと小ぶりに見えた)だったのですごいちんまりして見えたw

みんなでハッピーバースデーの歌を歌唱。

KAMIJO氏がケーキのロウソクを吹き消すシーン。
すぅ〜〜っと息を吸ったはいいものの、会場が明るかったので暗転待ちで一旦後ろを向いてハーハーしていたのがかわいかった。そうよね、ずっと息止めてたら苦しいよね、そんな人間臭いところが好き!!

ステージを終えたメンバーもここに残っていてくれて、みんながお祝いしてくれて幸せです、みたいなコメントを頂きました。
ここまで本当に長丁場だったけど、やっぱKAMIJO氏はカッコイイよ。見た目だけじゃなく。なんかもう存在が。圧倒的求心力。

 

はい、そして、本日ラストプログラム

●KAMIJO & Be Choir


これはまさしく去年の”もしクワ”改め”もしJO vol.1”の再現といってもいいでしょう。
(あ、去年はRose CroixとLouis、曲間にMCもやってましたが今回は純粋にSOTVでした)
KAMIJO側のサポメンは前回と違っていつものメンバー、Be Choirさんの方も若干メンバーが変わっていたようですが、ステージに全員が並ぶとやはり圧巻!

 


くわしい感想は

 

shimo.hateblo.jp

 これとほぼ同じでございます。

強いて言うなら、去年より若干クワイヤの声量が大きすぎた気もしましたが。。
ぶっ通しのSOTVはなかなか聞けるものではないので大変良かった。
”もしJOバージョン”でリテイクしてくれたら買いたい。

 最後に、メンバー紹介があり、本日のプログラムは全て終了でした。

 

な〜〜〜〜がかった〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

 

13時から始まり(待機を含めると12時過ぎから。笑)
終了時刻は22時半ごろ。

控えめに言って10時間ほどの長丁場でしたが(途中何度か思考停止していた)
目新しいステージや一生に一度ではなかろうかというレアなステージもたくさん観られて楽しかったです。

 

書くのも大変時間がかかりました(笑)今までのレポの中で最長でした。

 

お読みいただきありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ